バナー

活動報告

 


【3月】

2017/3/27
愛媛国体のリハーサル大会を兼ねた第33回全国高校体操競技選抜大会が24日、愛媛県総合運動公園体育館でありました。済美は女子個人総合で岩佐選手が26位で県最高、斉藤選手が36位と健闘しました。岩佐選手は得意の平均台で安定した演技を披露し、「肩や足の状態が良くない中での試合だったが、思い切ってやれた。基礎や技の練習を繰り返し、インターハイや国体で上位を目指したい」と話しました

2017/3/24
新体操の全国高校選抜大会が愛媛県総合運動公園体育館で22日行われ、済美は団体で15位と健闘しました。「最後まで楽しんで笑顔ができた」。生き生きとした笑顔や息の合った演技で、地元の応援団を湧かせた済美の5人の選手は閉会後も笑みを絶やしませんでした。

2017/3/22
新体操の大会が県総合運動公園であり、済美の藤田選手が出場しました。約2ヶ月前に疲労から足を負傷するなど万全ではなく、フープ、ボール、クラブでなかなか得点を伸ばせない中、得意のリボンをノーミスで通し11位に入り、個人総合で20位となりました。藤田さんは、「国体とインターハイに向けて、全国でも上位の成績を残せるようになりたい」と決意を新たにしていました。

2017/3/22
春季四国地区高校野球大会の県地区予選が20日、東中南予の5球場で行われました。済美は1回戦を聖カタリナ高と対戦し、7−1で勝利しました。

2017/3/15
3月18日から全国各地で開かれる春野全国高校選抜大会、えひめ勢の戦力チェックです。済美は2〜26日、福岡市で行われるテニスに女子が出場します。団結力の強さを武器に初戦突破を目指します。主将の福本選手はストロークが力強く展開が速いです。ダブルスの井関、長谷川選手は粘り強くラリーを続けます。卓球はは26〜28日まで大阪市で行われます。男子個人戦に出場する細井選手は得意のドライブを武器に勝利を目指します。女子はベスト8を目標に総力戦で挑みます。守りの上手い篠原選手はスマッシュやドライブなど、攻撃の技術を向上させました。対照的に、攻撃が特徴だった篠崎選手は、相手の球をブロックする技術などを身につけ、安定感が増しました。家高選手は威力のあるスマッシュでポイントを稼ぎます。

2017/3/13
3月18日から全国各地で開かれる春野全国高校選抜大会、えひめ勢の戦力チェックです。済美は27、28日、愛知県春日井市で行われる剣道に女子が出場します。前回の選抜、昨夏のインターハイと3季連続で全国の大舞台を踏みます。勝負強い上杉選手、昨年もメンバーの菊池選手らで競り合いに持ち込み、岩手国体準優勝に貢献した二神選手でポイントを稼ぎ上位を狙います。ソフトテニスは28日〜30日まで名古屋市で行われます。2年ぶり出場の済美男子は、ボールコントロールに優れた簗田選手と思い切りのよい大村選手のエースペアを軸に、粘り強く戦いベスト8を目指します。

2017/3/13
3月18日から全国各地で開かれる春野全国高校選抜大会、えひめ勢の戦力チェックです。済美は27、28日、愛知県春日井市で行われる剣道に女子が出場します。前回の選抜、昨夏のインターハイと3季連続で全国の大舞台を踏みます。勝負強い上杉選手、昨年もメンバーの菊池選手らで競り合いに持ち込み、岩手国体準優勝に貢献した二神選手でポイントを稼ぎ上位を狙います。ソフトテニスは28日〜30日まで名古屋市で行われます。2年ぶり出場の済美男子は、ボールコントロールに優れた簗田選手と思い切りのよい大村選手のエースペアを軸に、粘り強く戦いベスト8を目指します。

2017/3/1
愛媛国体まであと213日、テニス部の福本選手が、「支えてくれている人に日々、恩返し。」とメッセージをよせました。

【2月】

2017/2/24
優秀な成績を残したサッカーチームや愛媛サッカー界に貢献した個人などを表彰する「愛媛サッカーアウォーズ」が19日、松前町のエミフルMASAKIで開かれ、約130人が表彰を受けました。済美からは白方選手と弓立選手が選ばれました。

2017/2/20
17日、冬季国体が閉幕し、愛媛は天皇杯21位と健闘しました。少年男子大回転でを2分2秒27で143位となった済美2年の湯上選手は「思っていた以上に選手が多く緊張した。今の自分の滑りはできたと思う。筋力面で自信がないので、これからトレーニングをしっかり行いたい」と話しました。

2017/2/13
剣道の四国高校新人大会が4、5の両日、香川県のとらまるてぶくろ体育館で行われ、済美男子は予選リーグC組で1勝1分け1敗で2位、女子はA組で1勝1分け1敗で3位となり決勝に進むことは出来ませんでした。女子個人の部では二神選手が3位入賞しました。

2017/2/13
スキーの全国高校大会が群馬県尾瀬戸倉ほかで行われ、済美の湯上選手は男子大回転で2分36秒01で138位でした。

2017/2/6
サッカーの県新人大会が1月28日、2月4日、北条スポーツセンターほかで行われました。済美は準決勝で八幡浜工を1−0で下し、決勝では今治東に3−1でち優勝しました。

2017/2/3
卓球の四国選手権が1月28、29の両日、徳島県鳴門市のアミノバリューホールで行われ、済美は団体、3回戦を土佐女中を3−1で下し準々決勝に進みましたが、高知工科大Aに3−1で敗れ準決勝に進むことはできませんでした。個人ではシングルスで松田選手が愛媛銀行の鳥居選手に3−2で敗れ準々決勝敗退、ダブルスでは松田・篠原組が福島礼・福島彩(高知)に3−2で敗れ準決勝に進出することが出来ませんでした。また、ジュニアの部では篠崎選手が準々決勝で三村選手(高知)に3−0で敗れました。

【1月】

2017/1/22
ソフトテニスの四国高校選抜大会は21、22の両日、香川県の善通寺市民体育館で男女個人戦を行い、男子は簗田・大村組が準優勝しました。

2017/1/22
愛媛国体の天皇杯(男女総合優勝)・皇后杯(女子総合優勝)特典につながる第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」の愛媛県選手団の紹介です。済美高校からは湯上選手が少年男子大回転スキー県代表として出場します。

2017/1/20
長野県で27日から開催される第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」のスケート、スキーに出場する愛媛県選手団42人が発表されました。済美高校からは湯上選手が少年男子スキー県代表として出場します。

2017/1/20
2016年度愛媛県ソフトボール協会優秀選手に、済美高校から向井選手、山崎選手、金橋選手、福山選手が選ばれました。

2017/1/18
卓球の全国高校選抜大会(個人の部)県予選が14日、松山市総合コミュニティセンターで男女のシングルスを行い、男子は済美の細井選手が優勝しました。フルセットまでもつれた決勝を制した細井選手は「弱気になったらだめだと思い粘り続けた。得意な展開に持ち込むサーブレシーブgは出来たのが勝因。全国ベスト4を目指してバックハンドを鍛えたい」と、3月26日から大阪中央体育館で行われる全国大会への思いを語りました。

2017/1/18
ソフトテニスの全日本高校選抜大会四国予選が14、15日の両日県総合運動公園体育館で行われました。1位リーグの済美男子は2勝1敗で2位に入り、3月28日から名古屋市で開かれる全国大会の出場権を獲得しました。チーム最高の全国8強の目標を掲げ、簗田選手は「雰囲気にのまれず練習通りのプレーを発揮したい」と意気込んでいました。

2017/1/13
バスケットボールの県高校新人大会中予地区大会が7、8日、松山工高ほかで行われ、済美は準決勝で東温を下し決勝に進出しましたが、聖カタリナに80−65で敗れ2位となりました。

2017/1/13
サッカーの県高校新人大会中予地区大会が12月18、23、24日、北条スポーツセンターで行われ、済美は準決勝で松山東を下し決勝に進出しましたが、松山工に4−1で敗れ2位となりました。

2017/1/11
ソフトテニスのハイスクールジャパンカップ県代表選考会兼四国高校選抜大会予選会が行われ、個人戦で男子は簗田・大村ペアが優勝しました。また、団体戦では男子済美は西条に2−0で勝ち優勝しました。

2017/1/11
2016年度愛媛県剣道連盟表彰が発表され、杉野選手が高校3年最優秀選手に選ばれました。また、田窪選手、大西選手、和田選手、大嶋選手、露口選手が優秀選手に選ばれました。。

2017/1/11
剣道の全国高校選抜大会県予選が12月23日、県武道館で行われ、済美女子は2勝1敗で準優勝しました。2位校の済美は3月27日から愛知県春日井市である全国大会に出場します。

2017/1/6
卓球団体の全国高校選抜県予選が23日、北条スポーツセンターで行われ、女子は済美が9円連続20度目の優勝を決めました。男女上位2校が四国大会へ、四国大会上位女子4校が全国大会の出場権を得ます。

【12月】

2016/12/21
愛媛国体まであと282日、ソフトテニス部の簗田選手が、「岩手国体では8位、愛媛国体では優勝!!」とメッセージをよせました。

2016/12/21
愛媛国体まであと285日、新体操部の藤田さんが、「人としても選手としても一番の人間になる!」とメッセージをよせました。 

2016/12/21
剣道の全国高校選抜大会県予選が23日、松山市の県武道館で行われます。男子の優勝校、女子は優勝、準優勝校が全国大会の出場権を得ます。男子は済美は勝負強い西山選手や、技の豊富な菅選手ら全員に攻撃力があります。女子は県新人大会を制し、勢いに乗る済美は、岩手国体準優勝に貢献した二神選手、勝負強い上杉選手、スピードのある菊池選手を中心に抜け目なく、総合力で他をリードします。

2016/12/19
ソフトテニスの全日本高校選抜大会県予選が25日、県総合運動公園体育館で行われます。上位2校が四国大会に、四国大会の上位3校が全国大会の出場権を得ます。男子は県新人大会を制した済美がややリードするも混戦模様。済美は国体入賞メンバーでショットの切れが鋭い簗田選手、思い切りの良い大村選手が柱。県新人大会を制した大沢選手、田中選手も控えています。女子は川之石、今治北、済美の3校がしのぎを削ります。済美は力強いストロークが持ち味の浜田選手と堅実なプレーが光る中矢選手のペアがチームを引っ張ります。

2016/12/16
卓球団体の全国高校選抜県予選が23日、北条スポーツセンター体育館で行われます。男女上位2位校が四国大会に、四国大会の上位男子3、女子4校が全国大会の出場権を得ます。8連覇中の済美は、けがから復帰したエース篠原選手が新人大会個人を制するなど調子を上げています。安定した連続攻撃で相手にチャンスを与えない家高選手、前陣速攻型の篠崎選手らでV9に挑みます。

2016/12/02
剣道の県高校新人大会が19、20日、県武道館で行われ、男子団体は準々決勝を今治西を3−1で破り準決勝に進みましたが、松山北に1−0で敗れ決勝に進むことは出来ませんでした。女子団体は1−0で帝京第五に勝ち優勝しました。 

【11月】

2016/11/28
卓球の県高校新人大会が12、13日、西条市総合体育館で行われ、男子個人シングルスの部で細井選手が準優勝しました。女子は団体戦で伊予農に3−0で勝ち優勝しました。個人の部では篠原選手が優勝し、篠崎選手が準優勝しました。

2016/11/25
県高校新人大会の結果です。ソフトテニスは男子団体で済美が優勝、個人でも大沢・田中組が4−1で神野・村上組(今北)を下し、優勝しました。女子団体は準決勝を川之石に2−1で敗れ決勝に進出することはできませんでした。個人の部では浜田・中矢組が準優勝しました。ソフトボールは、済美は準決勝で西条に3−2で敗れ、東温との3位決定戦にまわりました。東温には6−0で勝ち3位入賞しました。体操は団体総合2位に、個人総合は岩佐選手が優勝し、三好選手が3位にはいりました。種目別でも岩佐選手は跳馬、平均台、床でも1位に、段違い平行棒では三好選手が1位になりました。新体操は済美が団体優勝し、個人総合では藤田選手が優勝。藤田選手は種目別でもフープとリボンで1位になりました。

2016/11/25
バレーボールの全日本高校選手権県大会が、20日県総合運動公園体育館で行われました。済美は1回戦で三島高を−0で下し準々決勝に進みましたが、八幡浜高に2−0で敗れ準決勝に進むことはできませんでした。

2016/11/16
愛媛国体まであと318日、体操部の三好さんが、「T笑顔あふれるチームづくり!」とメッセージをよせました。

2016/11/16
テニスの全国高校選手権最終便は13日、県総合運動公園テニスコートで決勝などを行い、済美は3−0で高松北に敗れ準優勝でした。今大会の結果などをもとに、来年2月の選考委員会で全国大会(2017年3月・福岡県)の出場校が決定します。

2016/11/16
県の愛顔(えがお)のえひめ文化・スポーツ賞の表彰式が14日、県庁で開かれ全国大会などで優勝した7団体15個人が受賞しました。OCジュニアオリンピックカップ2016全日本ジュニア体操競技選手権大会、女子2部の種目別・平均台で優勝した体操部の岩佐選手も表彰されました。

2016/11/14
テニスの全国高校選抜四国予選が12日、県総合運動公園で行われ、済美は1回戦を4−1で高知に、準決勝を3−1で徳島商に勝ち決勝に進みました。

2016/11/11
バレーボールの全日本高校選手権中予地区予選が5日、県総合運動公園で行われ、済美は代表決定戦で2−0で東温に勝ち、権大会出場が決まりました。

2016/11/09
愛媛国体まであと326日、卓球部の篠原さんが、「愛媛国体日本一目指してスマッシュ決めるぞ!!」とメッセージをよせました。

2016/11/07
愛媛国体まであと329日、卓球部の松田さんが、「Team愛媛みんな笑顔で頑張るぞ!!」とメッセージをよせました。

2016/11/07
サッカーの第95回全国高校選手権大会第4日目は3日、県総合運動公園球技場で準決勝2試合を行いました。第1シードの松山工と対戦した済美は前半26分に先制し、激しいプレスで優勢に試合を運びましたが、追加点を奪えず、延長の末、2−1で敗れ決勝に進むことはできませんでした。

2016/11/04
ソフトボールの全国高校選抜大会県予選が3、5日の両日、八幡浜市の王子の森スタジアムなどで開かれます。済美は1回戦を西条と対戦します。

2016/11/02
卓球の県高校新人大会中予地区大会が10月29日、北条スポーツセンター体育館で行われ、済美男子は2回戦を3−0で小田に勝ち準々決勝に進みましたが、3−0で松山商に敗れました。済美女子は団体戦決勝で伊予農に3−0で勝ち優勝しました。個人戦でも女子は篠原選手が優勝し、家高選手が準優勝しました。また、男子は細井選手がベスト4に入りました。

2016/11/02
愛媛国体のリハーサル大会を兼ねた秋季四国地区高校野球大会第3日目は29日、坊ちゃんスタジアムで準決勝2試合を行いました。済美は明徳義塾と対戦しましたが、序盤の大量失点で苦戦を強いられ、10−2で八回コールド負けしました。

 

 

直線上に配置
|戻る|