バナー

活動報告

 

 


【2月】

2018/02/16
サッカーで優秀な成績を残した県内の選手や、愛媛のサッカー界に貢献した個人や団体などを表彰する「愛媛サッカーアウォーズ2018」が12日、松前町のエミフルMASAKIで開かれました。済美からは飯尾翼選手、森田真衣人選手、鈴木高太選手、高地俊城選手が2017年県サッカー協会優秀選手に選ばれました。

2018/02/14
2017年度ソフトテニス連盟表彰とランキングが発表され、高校男子の部で簗田・大村組が1位、2位に沢・田中組が入りました。女子は浜田・中矢組が2位になりました。

2018/02/14
愛媛県高校新人大会の結果です。サッカー男子は1回戦は今治西に5-0で勝ちましたが、準々決勝で宇和島東に1−0で敗れました。バレーボールは準々決勝では精華に2−0で勝ち準決勝に進みましたが、東雲に2-0で敗れ決勝に進むことはできませんでした。

2018/02/14
卓球の全国高校選抜大会四国予選が4日、西条市総合体育館で行われ、済美が優勝し3月26日から福井県営体育館で開かれる全国大会に出場が決まりました。

2018/02/02
卓球の校県団体選手権兼四国選手権予選は2017念11月26日、四国中央市伊予三島運動公園体育館で行われ、決勝は済美対決となり、済美B組が3-1で済美A組を3-1で退け優勝しました。

2018/02/02
バレーボールの県高校新人大会中予地区大会が20、21日の両日、松山中央高ほかで行われ、済美は代表決定戦で東温高に2-0で勝ち、県大会出場を決めました。また、順位決定戦リーグでは1勝2敗で3位になりました。

【1月】

2018/01/31
ソフトテニスの四国高校選抜大会が27、28日の両日、高知県の須崎市スポーツセンターで男女の個人戦を行い、済美の吉山・田中組が見事優勝しました。女子は安田・宮崎組、小倉・西田組が準々決勝で敗れ準決勝進出はなりませんでした。

2018/01/31
バスケットボールの県高校新人大会が27、28日の両日、今治市営中央体育館ほかであり、済美は準決勝を51−38で東温に勝ち決勝に進みましたが、聖カタリナ高に82-52で敗れ準優勝となりました。

2018/01/24
ソフトテニスの全日本高校選抜大会四国予選が20、21日の両日、県総合運動公園体育館であり、済美は2位リーグ戦3勝で第3代表決定戦に進みましたが、つるぎ高(徳島)に2-0で敗れ全国大会進出とはなりませんでした。

2018/01/19
愛媛県体育協会は17日、1月下旬から山梨、新潟県で開催する第73回国民体育大会冬季大会のスケート、スキー競技計6種別に出場する愛媛県選手団36人を発表しました。済美の湯上選手はスキー少年男子代表として国体出場します。

2018/01/17
卓球の全日本選手権が15日、東京体育館で開幕し、混合ダブルス、ジュニアの1回戦が行われました。済美の黒田選手はジュニア女子に出場し、1回戦を突破しました。

2018/01/17
バスケットの県高校1新人大会中予地区予選が13、14日、松山工高他で行われ、済美は2位になり県大会出場が決まりました。

2018/01/12
剣道の県高校1年生大会、同2年生選手権大会が7日、県武道館で行われ、済美Aチームは男子1年生で準々決勝を町山東に3−0で勝ち準決勝に進みましたが、2−0で帝京第五Aチームに2-0で敗れました。2年準々決勝では二宮選手が準優勝しました。また、女子1年生は済美Aが済美Bに2-0で勝ち優勝しました。個人では友近選手が優勝し、吉田選手が準優勝しました。

2018/01/12
スキーアルペン県予選会兼全国高校アルペン県予選会が7日、石鎚スキー場で行われ、少年男子の部で済美高の湯上選手が3位入賞しました。

2018/01/10
優秀な成績を挙げた団体や個人、功労者をたたえる「第45回愛媛新聞スポーツ賞」が贈られ、愛媛国体少年女子で優勝した愛媛選抜メンバーの剣道部の二神選手が受賞しました。二神選手は「団体での受賞は周囲の応援やサポートのおかげ。感謝の気持ちを忘れないようにしたい。大学でも団体・個人ともに日本一を目指して頑張る」と語りました。

2018/01/10
サッカーの県高校新人大会中予地区予選が12月17、23、24日に行われ、済美は3位決定戦で聖陵高に0−0(PK2-1)で勝ち、県大会出場を決めました。

2018/01/10
空手の全国高校選抜大会四国予選が23、24の両日、高松市の高松総合体育館で行われました。済美は女子個人形で出場した佐々木選手が準優勝しました。

2018/01/05
ソフトテニスの全日本高校選抜大会県予選が25日、県総合運動公園体育館で県新人大会の団体ベスト8が参加して行われました。済美男子は準決勝を2−0で松山北を下し決勝に進出しましたが、新田に2−1で破れ準優勝となりました。上位2校は来年1月20、21日に同体育館で行う四国大会に進み、四国での上位3校が全国大会に出場します。

【12月】

2017/12/27
ソフトテニスのハイスクールジャパンカップ県代表選考会兼四国高校選抜大会個人戦予選会は24日、県総合運動公園体育館で行われ、男子は済美の吉山・田中ペアが優勝しました。女子は安田・宮崎ペアが、決勝で惜しくも4−3で佐々木・浜田ペア(川之石)に敗れ、準優勝となりました。優勝ペアは来年6月に北海道で行われる全国大会の出場権を獲得。ベスト8は来年1月27、28日に高知県で開催の四国大会に出場します。

2017/12/27
卓球団体の全国高校選抜予選は23日、松山市総合コミュニティセンターで行われ、女子は済美が10年連続21度目の優勝を飾りました。田淵選手は今までは済美生の代表だったが、これからは愛媛の代表としての試合になる。期待を背負い、答えたい」と、四国大会、全国大会への抱負を語りました。

2017/12/27
剣道の全日本高校選抜大会県予選は23日、県武道館で行われ、女子済美が2年ぶり5度目の優勝を手にしました。過去4年連続で1、2位争いを繰り広げてきたライバル校、帝京第五との1戦では、引き分けでも優勝が決まる状況の中、「絶対に勝ちたい」と闘志をみなぎらせ、3−1で勝ちました。

2017/12/20
ソフトテニスの全日本高校選抜大会県予選は25日、県総合運動公園体育館で団体戦を行います。上位2項は来年1月20、21日に同会場で行われる四国大会に進みます。県夏季、県新人戦ともに団体、個人戦を制した済美男子が頭一つ抜けています。思い切りのよい1年・吉山選手とインターハイを経験しキャリア、度胸が備わった田中のペアがけん引し、オーダーが鍵を握ります。女子は着実な加点に定評のある済美のほか、県夏季を制した川之石、層の厚い今治北など混戦模様です。

2017/12/20
剣道の全国高校選抜大会県予選が23日、松山市の県武道館で行われ、男子優勝校、女子上位2校が来年3月27、28日に愛知県春日井市で開かれる全国大会に出場します。第2シードで層が厚い済美男子は中予新人大会で新田を破っており、県新人個人2位の二宮選手を筆頭に粒ぞろいです。同じく第2シードの女子は、正統派の剣道で素早い面を放つ上杉選手が得点源。1年生の市川選手、田選手らも能力が高いです。

2017/12/15
卓球団体の全国高校選抜県予選が23日、松山市総合コミュニティセンター体育館で行われます。 県新人戦で全試合ストレート勝ちした済美は10連覇が濃厚です。個人決勝を争った黒田、西原選手ら攻守ともに安定しています。

2017/12/15
12月10日、県総合運動公園弓道場で弓道の県高校新人大会中予地区予選が行われ、済美は女子団体で2位になり県大会出場を決めました。また、個人2年の部でも長井選手が3位入賞しました。

2017/12/04
ソフトテニスの県高校新人大会が11月3、4日、今治市営スポーツパークコートで行われ、男子は2-0で新田高を退け優勝し、個人でも吉田・田中組が4-2で三枝・能瀬組(新田)を下し優勝しました。女子は団体戦では宇和島東高に2-0で敗れ準々決勝敗退となりましたが、個人戦では小倉・西田組が準優勝しました。

2017/12/01
卓球の県高校新人大会が18、19日、大洲市総合体育館で行われ、女子は今治南に3-0で勝ち優勝しました。個人シングルスでも黒田選手が優勝し、西原選手が準優勝しました。

【11月】

2017/11/27
体操の県高校新人大会が18日、県総合運動公園補助体育館で行われ、斉藤選手が。種目別跳馬、平均台、床運動で1位になり個人総合優勝しました。

2017/11/27
ソフトボールの県高校新人大会が18、19日、宇和運動公園他で行われ、済美高校は西条高を7-0の5回コールドゲームで下し、見事優勝しました。

2017/11/24
剣道の中予地区県高校新人大会が10月3日、県武道館で行われ、男子は新田に1-1の代表勝ちで優勝し、女子は松山北に3-0で勝ち優勝しました。また、女子は個人戦でも上杉選手が渡辺選手(松山北)を破り優勝しました。

2017/11/24
卓球の中予地区県高校新人大会が10月21日、北条スポーツセンターで行われ、男子は2回戦を北条に3−0で勝ち、準々決勝で松山南に3−0で敗れました。女子は決勝で伊予農を3−1で破り優勝し、個人シングルスでも黒田選手が優勝、西原選手が準優勝しました。なお、ベスト8以上の済美は男女とも県大会出場が決まりました。

2017/11/22
サッカーの第96回全国高校選手権県大会が行われ、第1シードの済美は1-0で南宇和を下しベスト4に進みましたが、5日に行われた準決勝の試合で今治東に2-1で敗れ決勝に進むことは出来ませんでした。

2017/11/22
バスケットボールの第70回全国高校選手権県予選が行われ。済美は準決勝を56-54で新居浜商業に惜しくも敗れ、決勝に進むことは出来ませんでした。

2017/11/24
フトボールの全国高校選抜大会県予選が3、4の両日、八幡浜市民スポーツパークで開催され、済美は7-2で西条を破り、5年ぶり11度目の優勝を飾りました。全国大切符を手に入れた主将の兵頭選手は「楽しむだけじゃなく、みんなと話した。全国制覇を目指します」と力を込めました。

2017/11/06
ソフトボールの全国高校選抜大会県予選が3、4の両日、八幡浜市民スポーツパークで開催されます。女子は済美、西条に加えて聖カタリナが優勝を争うと見られています。済美は小泉選手と松田選手のバッテリーが引っ張ります。小泉選手のコーナーを突く丁寧な投球に連動しバッグが守ります。打線は、広角に打ち分けられる兵藤選手、積極的な大森選手、勝負強い吉金選手らが得点につなげます。なお、優勝チームは2018年3月16〜20日に開かれる全国大会(女子・岐阜)に出場します。

 

 

 

 

 

直線上に配置
|戻る|