所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


人生いろいろ~未来を担う皆さんへ~
NHK学園高等学校・校長代行 篠原 朋子 氏

 

【目的・要旨】
人生は「一期一会」、千利休の言葉通り、この場での皆さんとの出会いもご縁です。NHKでも私の仕事は多岐に渡り、それぞれの場で素晴らしい人たちとの出会いがあり多くを学んできました。その一つずつがその後の人生の選択肢を豊かなものにしてくれました。
初めての仕事である『日本語発音アクセント辞典』の改訂に参加し、日本語の変化に触れました。NHK国際放送局では世界の様々な地域に日本の情報を届ける重要性を改めて感じました。その後、テレビ番組制作に移り、外国語講座(世界最多の10言語)、『きょうの料理』、『男の食彩』、『おしゃれ工房』、『趣味悠々』、『スタジオパークからこんにちは』などの制作に携わりました。それぞれの番組の取材、企画・構成、制作過程で、様々な人との協力により番組はより良いものになっていきます。情報収集の大切さ、映像の効果的な編集、演出方法など、1つの番組が完成する過程の中で放送界の仲間のプロとしての意識の高さと努力、協力の大切さを痛感しました。
思い出深い仕事に、「国際メディア・コーポレーション」での女性チャンネルLaLa TVの立ち上げがあります。その後、NHKに戻り、『冬のソナタ』の購入を担当しました。皆さんは『冬のソナタ』をご存じですか。この放送に際して必要だったのは、チームワークです。韓国放送界との契約、日本語版制作用の音声素材の獲得交渉、ドラマのプロモーション、とできることは全てやりきった仕事でした。その後、Eテレの編集長として、「未来に生きる子どもたち」「明日を担う若者」に生きる力を与えるヒントとなるような、『東北発未来塾』、『オイコノミア』、『オトナへのトビラTV』等の放送を決定しました。平成24年から局長を務めたNHK千葉放送局では、開局70周年の記念ドラマ制作、公開番組の放送・イベントで地域サービスにつとめました。人事局長がNHKでの最後の仕事です。採用の際には「世のため、人のため、君だけの仕事」があることを伝えています。皆さんの前にもきっとそのような道があると思います。
現在、NHK学園高等学校に勤務し、教育の仕事に携わっています。社会には、いろいろな形で勉学を続けている人がいます。スポーツ、芸術等の分野での道を究める努力をしつつ、勉強を続けたいという人たちなど、「学びたい」という人たちのためにNHK学園高等学校は通信制の高校として学習の場を提供しています。「どのような環境にあっても、自分の選択によって道は切り開ける」のです。

これからの進路、就職、結婚等、人生は「選択」の連続です。その「選択」のポイントは、1番にセンス(sense) すなわち五感と人間力です。2番目にコミュニケーション能力。第3に自分の土台となるモラル・価値観を持つことだと思います。素敵な「選択」のために、未来を生き抜くために、学びを積み重ね、自分なりにインプットを続けることが大切です。皆さんのご活躍を期待しています。

【生徒の感想】
◯ 篠原先生は私たちに身近な番組にも携わってこられたと知り、いっそう興味深く話を伺いました。これからの国際社会は英語だけではなく、常に積極的に自分の知識を増やす努力を怠ってはならないと痛感しました。

◯ 人生のキャリアについて深く考えさせられた内容でした。NHK時代の経験など、生きた話が参考になりました。自分が人生を選んで、切り開いていこうという気持ちが強まりました。

◯ ポジティブに生きるには自分自身で決断することが大切。音楽、読書、ボランティアなどを通して多くを学びたいと思います。

◯ 「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来」、「自分ノートを作ってみる」「選ばない、人に任せておいて人のせいにするのはNG」等、とても参考になりました。迷うことも、悔やむことも良い人生の一部であり、特に信頼できる正確な情報を収集し、自分で考え行動する大切さを認識しました。良き地球人であるために、異質性に対する寛容力、他者との関係構築に欠かせないコミュニケーション能力、自ら深く考えることで批判的思考力を養うことが必要、等、人生において大切なことを学びました。

 

講義内容
篠原 朋子 先生の講義
講座後の質疑応答

 

次のニュースへ

2018年01月10日
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから