所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


 

第4の革命~再生可能エネルギーが世界を変える~
認定NPO法人おかやまエネルギーの未来を考える会 副会長 延藤 裕之 氏

【目的・要旨】
現在、太陽光発電、風力発電、地熱発電など自然の力を活用した再生可能エネルギーの重要性が高まっている。講師に再生可能エネルギーを利用した新電力会社を起業するまでに至った経緯を述べていただくことで、再生可能エネルギーの重要性、さらに何のために仕事をするのかということについて生徒に考えさせるために本講座を企画した。
まず、夢とは何かを考えさせるワークショップを行い、生徒たちに自己の夢を改めて確認させた。夢には職業を言う場合と人生全体のことを言う場合があるが、職業は夢のための手段であってゴールではない。目標を達成するための過程に過ぎないという。医療機器に関する企業に就職していたが、熊本地震で被災したことでエネルギーの重要性を実感し、自分が本当にしたいことは何なのか自問自答する日々が続いたという延藤先生。「日本国内にもエネルギー資源があることを証明したい。」そういった思いが募り始め、再生可能エネルギーの導入促進・普及啓発をしているエネミラ(認定NPO法人『おかやまエネルギーの未来を考える会』の略称)の理事に就任し、それらのエネルギーを用いた発電を行う合同会社『MOMO電力』を設立するまでに至った。
現在、世界は「第4の革命」、すなわち「エネルギー革命」の時代であり、今まで利用してきたエネルギーが再生可能エネルギーに変わっていく流れがある。日本はエネルギーの供給を輸入に頼ってしまっている一面があり、これからのエネルギーの運用について、我々一人一人ができることを考えなくてはならない。再生可能エネルギーを活用すればエネルギー供給問題の改善が見込まれるだけでなく、今までとは違ったエネルギーの運用もできる。MOMO電力は、再生可能エネルギーによって電気を供給できるようにし、さらにその利益の一部を、地域に還元できるようにしている。企業をつくるには、多くの人々とのつながりがなくてはできなかった。夢を叶える鍵は「人」であり、それらのつながりを意識して、夢を叶えるために頑張ってほしい。

【生徒の感想】

○ 再生可能エネルギーを用いた発電の仕組みや世界の動きなど、これからのエネルギーの在り方を考える上で、とても参考になった。

○ ライフラインの停止は非常に不便で普段通りの生活を送れないことは知っていたが、実際に経験された方から話を聞くと改めて辛さが分かった。エネルギー資源の大切さを意識していくべきだと思った。

○ 実体験を交えての講義だったので、とても納得のいくものだった。人生の少し上の先輩に生き方のアドバイスをもらい、とても勉強になった。

○ 今まで就職がゴールで、それからの人生は惰性で過ごせると思っていたが、今回の話を聞いて、その認識が変わり、仕事以外の夢も探していきたいと思った。

○ 挑戦することで新たな人生を歩んでいけることを知った。夢に向かって企業を立ち上げたその行動力を見習いたい。

風力発電の仕組みを話す延藤氏
ワークショップ中の生徒の様子

                        

2018年12月25日
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから