所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


 

エールと、ともに。
元サッカー日本代表選手・アテネオリンピックサッカー日本代表監督  山本 昌邦氏

【目的・要旨】

日本代表の各世代の監督、コーチを歴任し、日本のサッカー界を牽引してきた講師の話を聞くことで、部活動に対する取り組みの姿勢や、高校生活で身に付けるべきことを学ばせたいと考え、本講座を企画した。自身の夢を叶え、成功を収めるために必要な心構えをお聞きし、高校生活に生かしていくことが狙いである。
日本代表の各世代の監督、コーチを歴任し、様々なトップ選手と関わりを持たれた山本先生に、トップ選手が持っている資質、成功するために必要な心構えについて講義していただいた。
 一流のプレイヤーに共通して言えるのは、負けず嫌いであること、オープンマインド、素直な心を持っているということ、高い目標を持ち、壁を乗り越えられる力を持っているということである。先日行われたワールドカップでも活躍した、サッカー日本代表の長友選手や本田選手は、初めから超一流選手だったわけではなく、努力できる才能を持ち、苦しい時に自分に厳しくストイックに行動することで成長していった。成長していくためには勝つことが大切なのではなく、自分がいかにチームに貢献できるかを考え、挑戦し続け諦めないことが大切である。また、感謝の心も持たなければならない。競技に打ち込めるのは様々な人に支えられているからである。競技を通し、絶対にあきらめない姿勢や幸せ、喜びや挫折など、様々なことを経験し、学び、成長することで、家族や応援してくれる人に恩返しをしなければならない。誰もが成功できるわけではない。しかし、成長したものが成功する。昨日よりも今日少しずつ、ちょっとずつでも成長していくことが成功への道である。

【生徒の感想】

○ 私は今回の講義で努力の大切さを学んだ。しんどい時、苦しい時にどうするかでその人の伸びしろが分かるという言葉を聞いて納得した。技術や体力、優れた戦術をいくら持っていてもメンタル的に未熟では意味がないということに気づかされた。

○ 先生のお話を聞き、今自分の状況がどんなに苦しくても、努力することを決して諦めなければ、それは自分の力になっていくということを知った。私は今、部活も勉強も思うような結果が残せていない。しかし、夢に向かって挑戦し続け、努力していきたい。誰よりも努力することができる、努力する才能を持てる人になりたい。

○ 私はすぐに、人に流され、さぼってしまったり楽な方に逃げたりしてしまう。しかし、プロで活躍されている選手は、想像もつかないような努力を積み重ねている。どんなに高い壁でも細かい目標を持ち、必ずそれを実現させている。今の私ではその壁を乗り越えることはできない。だからこそ努力の天才になって、悔しい思いをした分、強くなりたい。勝ちたいという思い、諦めないことを心にとめ前へ前へ進んでいきたい。

山本 昌邦氏
山本監督を囲んで

 

 

2018年11月09日
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから