所在地確認 所在地確認

 

ホームキャリア教育


 

高校生で学ぶべきことと、大学生活について
島根県立大学 総合政策学部 4回生              竹内 亮馬 氏

【目的・要旨】

本講座では、高校生活の折り返しを迎えた2年生に、大学進学について改めて見つめ直すきっかけとして、大学進学において「高校時代において、何が大切なのか」「何をしておいたらよいのか」を、本校卒業生であり、現役の大学生である竹内さんを招き、生の声を伝えていただいた。また、生徒および保護者が進学先に考える学校として、国立大学、私立大学、専門学校という言葉は聞かれるものの、公立大学を挙げる人は少ない。そこで、進路選択の幅を広げるという意味でも公立大学とはどういうところなのか、どのような魅力があるのかを語っていただいた。
 講座では、大学の様子や高校時代に何をしてきたか、何をすべきだったかを赤裸々に語ってくださった。高校時代は、文系3教科型に属していたが、勉強はあまり得意ではなかったそうだ。しかし、2年次より所属した応援部での活動で自信を持つことができたことや周囲の先生方の働き掛けもあり、次第に勉強に気持ちが向いていった。早朝から先生とマンツーマンで学習するなど、大学進学に向けて真摯に努力をしてきた。その中で感じたのが、「先生は自分のことを見てくれている」ということであり、先生の助言を素直に聞き入れることの大切さを実感した。また、大学受験という人生においての苦しい時期に、仲間と共に協力、協調することが大切だと感じた。大学生になり、様々な自由が与えられたが、高校時代に与えられた課題、宿題をきっちりこなすことができないようでは、自由を与えられても何をしていいのかわからなくなる。高校での学びは知識を詰め込むことが中心である。しかし、大学での自由な学びに、高校時代に詰め込んだ知識という点をいかに結んで線にするかである。そのためにも今は、自分が必要としないことであっても、「こんなの将来使わないだろう」などとは思わず、しっかり学ぶことが大切である。

 島根県立大学は学部ごとにキャンパスが3つある。浜田・出雲・松江キャンパスの3つだ。総合政策学部は浜田キャンパス内にある。この学部では、昨今話題となっている地域創世に力を入れており、地域密着型として様々なことが学べる。また、国公立大学では島根県立大学にしかない、特色ある学部である。そのため、地域創生に興味のある生徒には魅力的な学部であろう。

【生徒の感想】

○  同じ文系コースで、勉強が苦手ということもあり親近感が沸いた。そんな中でも諦めず、先生のアドバイスをしっかりと聞き、早朝から勉強するなど努力されたことがわかった。

○ 3教科型から公立大学に行かれたので、自分も限界を決めず努力し、可能性は無限大だということを信じよう思った。

○ 高校の間にどう勉強すればいいか、どう行動すればいいかを知り、自分の行動を見直そうと思った。

○ 将来就きたい職業の選択肢を広げるために、高校生のうちに一生懸命勉強すべきだということを痛感した。

○ 島根県は大学進学において、候補地には入っていたものの、公立大学という選択肢がなかった。しかし、今回の講座で、島根県立大学の話を聞いて、公立大学の魅力を感じた。

○ 私立文系コースからでも公立大学に進学できたことを知り、国公立大学にも興味をもつようになりました。今勉強することは、将来へのプラスになると思うので、努力を継続したいと思った。

講義を真剣に聞く生徒たち
竹内 亮馬 氏

 

 

2018年10月19日
 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから