所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

6月5日から4日間、松山市を中心に開催される第69回愛媛県高校総合体育大会の戦力分析です。男子陸上では100㍍。200㍍の石丸選手、400㍍障害の真鍋選手、三段跳びの村上選手、また400㍍リレーも済美は注目されています。女子は100㍍を佐藤選手が、200㍍は平林選手が1位を追う立場。100㍍障害は松田選手が追われる立場。400メートルリレーも注目されています。
バスケットボールは頭一つ抜ける聖カタリナを済美が追う立場。済美の井上選手は3点シュート、石船選手はインサイドワークが得意。済美は攻守でよく走れるチームで、リバウンドが勝負の鍵となりそうです。
ソフトテニス男子は選手層の厚い済美が突出。団体は全国8強を成し遂げたメンバー4人が残っています。積極姿勢の亀井選手と溝部選手を軸に駆け引きにたける斎藤・須山両選手が続き、新勢力も加わり層が厚くなっています。個人では亀井・溝部選手を筆頭に斎藤・須山選手他が追う立場です。女子は上位の実力が伯仲。済美は勢いのある打球の宮田選手とボレーの上手い前崎選手が中心となり、粘り強い佐伯・島田選手に新入生と多様です。個人は宮田・前崎選手、佐伯・島田選手の済美勢と今治北選手を中心に展開されると予測されています。
体操は団体4連覇がかかる済美を軸に競います。個人総合は躍動感のある演技の佐伯選手など各校の主力を軸に展開されるでしょう。
新体操は昨年インターハイ6位の聖カタリナに、済美は豊富な練習量で追い上げ巻き返しを図ります。個人総合では、手具操作が巧みな歳森選手、独特の演技構成で勝負する藤田選手も注目されています。



平成27年5月26日(火)愛媛新聞掲載(掲載許可番号:G20160601-02098)


平成27年5月27日(水)愛媛新聞掲載(掲載許可番号:G20160601-02100)


平成27年5月29日(金)愛媛新聞掲載(掲載許可番号:G20160601-02107)

2015年06月01日

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから