所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

平成27年度
【会期】
前期:10月18日(日)~10月25日(日) 部門/日本画・彫刻・工芸・書道 
後期:10月29日(木)~11月 6日(金) 部門/洋画・版画・写真・デザイン
【場所】
愛媛県美術館 南館

上記展覧会に美術科では日本画部門特選1名、洋画部門推奨1名、デザイン部門推奨1名の受賞を含む、71名が入賞・入選する事ができました。

また、10月31日には授賞式が行われました。美術科の卒業生で京都造形大学に進学した島内梨佐さん(H24年度卒)も洋画部門で特選を受賞し、在校生と一緒に記念撮影を行いました。


卒業生の島内梨佐さんの作品

【受賞者の作品とコメント】

「 雨   音 」
美術科2年 川原 萌
日本画部門 特選

動きが止まっている自分の姿に、雨の音や背景のあじさいと合わせて日々の感動、発見で揺れ動く心を表現しました。あじさいを背景に描いたのは、感情をより表現できると思ったからです。あじさいは、咲く場所によって花の色が変わり、花が集まってつくり出す形はそれぞれ違っていて、どの形にも個性があると思います。また、葉先まで水を送る太い茎や葉の細い模様は強い生命感が有り、それをどう表現するか試行錯誤しました。
「特選」という素晴らしい賞を頂き、嬉しい気持ちと共に、ご指導くださった先生方や、私を毎日支えてくれている家族に感謝したいと思います。これからも自分の作品としっかり向き合って想いの伝わる作品が描けるように努力していきます。


「 羨望ー蝶ー 」
美術科3年 上岡 樹佳
洋画部門 推奨

この「羨望―蝶―」は日頃私が感じている、他人への憧れを友人の姿に投影した作品です。広大な空へと羽ばたく、美しく自由な蝶は憧れの象徴として描きました。初めてモノクロの表現に挑戦したこともあり、準備にも制作にも多くの時間を掛けました。休日や朝の少しの時間を制作に充て、日々先生方にアドバイスを頂きながら、試行錯誤を繰り返し完成させることが出来ました。
また、この作品は卒業制作となる作品です。改めて「油絵を専攻し、美術科でひたすら自分の表現を追究してきたことが決して無駄ではなかった。描いてきて良かった。」と感じさせてくれる作品になりました。

今回賞を頂いたことを糧にこれからも制作に励んでいきたいと思っています。

「MOVE   ALONG 」
美術科3年 安田昂史
デザイン部門 推奨

3年生になって、憂鬱だった頃、前向きなテーマで描いてみようと思いました。「MOVE ALONG」という言葉は、「前進しろ、立ち止まるな」という意味ですが、ネイティブの先生からすると、完全にポジティブな印象ではないようです。しかし誰にも「どんな形でも、前に進むことができれば良いじゃんか。」と思う時期があるはずだと僕は考えました。
4月にはイメージがすでにあったのですが、実際の具体的な作業開始はかなり遅くなりました。少し慌て気味で進めてしまい充分に完成度を追究することが出来なかったと反省していますが、思っていたことをカタチにすることはできました。また、愛媛県美術会から推奨を頂き、とても嬉しく思います。これを励みに今後の美術をはじめとする勉強に励んでいきたいと思います。

2015年11月09日

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから