所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

平成27年度 県民総合文化祭 総合プログラム表紙画デザインの選考結果報告

平成27年度 県民総合文化祭 総合プログラム 表紙画デザインの選考が行われ、済美高校美術科から3名の生徒が一次選考を通過しました。 採用、佳作、一次選考通過作品は、県ホームページへ搭載されます。また、萬翠荘、ひめぎんホール県民プラザでの展示会も行われます。ぜひご高覧下さい。

【展示予定】
●萬翠荘 1階 謁見の間 10月13日〜16日(金)
*13日(火)は16時30分から採用作品及び佳作作品の表彰式を行いますので当該時間中は入室ができません。あらかじめご了承ください。
●ひめぎんホール
10月25日(日) 県民総合文化祭 総合フェスティバル開催日

 以下、一次選考通過者の作品と制作コメントを記載します。

【一次選考通過】

美術科 3年 津梅 静香

今回の絵は、文化祭がテーマだったので、「何が始まるのか分からない緊張感やドキドキ」、「文化祭のにぎやかで楽しい感じ」をイメージしました。
私はずっと自信が持てず、周りの人と比べてしまい悲観的でしたが、専攻の先生に何度も励まされ、頑張ることができました。
最終的に自分らしく描くことが出来て、満足しています。今回の結果を聞いて本当に嬉しかったです。今後も制作を頑張ります。

   

美術科 2年 藤田 海

 様々な人たちが、頭の中のイメージを爆発させるように挑んでいる姿を想像し、このデザインが浮かびました。そして、日々積み重ねてきた努力が、太鼓の音色のように、みんなの心に響いてほしいと思い、和太鼓の巴紋を描きました。
どのように色を重ねるべきか悩み、描き進められない時もありましたが、諦めずに描くことが出来ました。1次選考を通過することができ、とても嬉しく思います。

   

美術科 2年 柳生 琴音

私はこの作品で、「繋がり」というものを表現しました。一見、どれも繋がりのないように見えても、「人と人、ものともの、全てがどこかで繋がりを持っている。」そんな想いを画面に込めました。
制作をしている途中で、何度も手が止まってしまうことがありました。自分で思い描いているように進まず、「なぜだろう、どうしてだろう。」と悩むことが多々ありました。ですが、「頑張ろう。」という、その一心で制作に取り組むことができました。この経験を生かして、今後の制作で自分の感性を磨き、力を伸ばして行きたいと思います。

 

 

 

 


2015年10月19日

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから