所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

 

平成27年3月17日(火)
美術科の1年生・2年生が美術史校外教室に行ってまいりました。
1年生は大塚国際美術館(徳島県鳴門市)、2年生は大原美術館(岡山県倉敷市)です。

 

感想 : 2年生大原美術館
○日本画家が描いた作品や外国の画家が描いた作品、焼き物などが展示されており、そのなかでも焼き物などの立体作品が印象的でした。青銅器や鏡鑑などとても面白かったです。普段立体作品を鑑賞しに行く機会があまりないので新鮮でよかったです。

○≪広告の‘ヴェルダン’≫の中で描かれているポスターの文字の抑揚から、作者の怒りや悲しみなどの作者の感情を感じました。そこからなぜそう感じるのかを考えることで、美術に関しても考察を深めることができました。私達は自然の様々なものから影響を受けており、ひとつの流れにそっているということが分かりました。

○現在、展覧会へ向けて作品を描いているのですが、その作品の参考として色鮮やかな作品を探していました。中でも≪繰り返される呼吸≫という作品を見たときは衝撃を受けました。華やかな色彩と繊細なタッチで人を引きつける作品で、非常に素晴らしく心に残っています。今後の目標としてこのような色使いと繊細なタッチを参考にしていけたらと思います。

大原美術館前での記念撮影

 

感想 1年生 : 大塚国際美術館
○作品の全てが陶板だとは思えないほど、絵画に近くて驚きました。実際の大きさを知ることができてとても新鮮で驚きや発見がありました。時代を超えて評価される作品は見ている人たちの美の感覚に共通して影響を与えていると思いました。

○この美術館で西洋の文化や技術の高さを学ぶ事ができました。1000年以上前のモザイクの作品やルネサンスのリアルな人間などすごいと思いました。また実物大で再現されているので思ったより大きいと思う作品や、案外小さいと思う作品が多くありました。どの作品も美術家のパワーや表現したいものが出ていて、海外で本物も見てみたいと思いました。

○魅力的な作品が多くありました。学芸員の方が何年くらいに誰が描いた作品かを楽しそうに説明してくださり、学芸員の方はやっぱりすごいと感じました。大きな作品は本当に迫力があり、圧倒されました。スクロヴェーニ礼拝堂壁画やシスティーナ礼拝堂は入ってみると全く違う世界にいるようでした。今回様々な発見があったので今後に活かしていきたいです。

現代作品を鑑賞する生徒の様子
システィーナ・ホール
 

 

 


 

2015年04月03日

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから