所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

松山東雲女子大学・松山東雲短期大学 キャンパス見学会

【実施】
  平成24年 11月14日(水曜日) 9:00~12:00

【要旨】
  2年生情報コースの生徒を対象に、地元の松山東雲女子大学・松山東雲短期大学のキャンパス訪問を実施した。秘書科・保育科など各種学科があり、本校からの卒業生も多く在籍する地元大学を見学し、大学の概要や教育施設の説明を受けた。また、実際に行っている講義への参加もさせていただき、大学での各分野の講義を経験することで進路選択の幅を広げるきっかけになった。

【講義内容】

[1]大学の概要について

・DVDによる学校紹介
東雲学園は1886年に設立され、「信仰」「希望」「愛」の建学の精神のもと1964年に松山東雲短期大学、1992年に松山東雲女子大学を開学し、豊かな人間性と知識を備えた「女性力」を養うことを教育目標としている。
DVDでは主に、入学式から卒業式までの1年間の学生生活にスポットを当てて、紹介されていた。高校生活とは違った大学生活とはどのようなものであるかを知ることができて、生徒も想像を膨らましていた。

[2]講義体験   1限目

秘書実務講座 渡邊先生

介護の基本Ⅳ 杉本先生

障がい児保育 高橋先生

保育学 高杉先生

体育Ⅲ 三浦先生

2限目

リビングイングリッシュⅠガラス先生

小児栄養実習 嶋田先生

図画工作Ⅲ 増本先生

女性職業論 川東先生

哲学 河原先生

スポーツⅠ 市河先生

[3]卒業生による講話

本校の卒業生による講演をしていただいた。講演では、高校時代にしておいた方がよいこと、大学・短期大学での生活はどのようなものであるかなど、生徒達にとって最も身近な人物からのアドバイスをいただくことができた。この講演から、生徒自身の進路に向けた意識の変化がみられるとても有意義なものとなった。

松山東雲女子大学 心理専攻4年 村上友理さん

松山東雲女子大学 保育科 2年 楠本優さん、野中有希さん

[4]施設見学

敷地内には、松山東雲女子大学・松山東雲短期大学・附属幼稚園があり、グループ毎に分かれ見学を行った。保健室では、大学生だけでなく幼稚園の子ども達も使用するということで、壁にはアニメのキャラクターの絵を貼っていたり、バルーンアートなどを置いていた。そして、地域で一緒に子育てをする仲間が広がることを目的とした、しののめ広場「たんぽぽ」という施設を作り、親子の交流の場を設けている。その他にチャペルや、就職進路支援課、図書館、介護実習室などの見学を行った。
  最後に、食堂ピアホールにて昼食をいただいた。メニューが豊富で学生の憩いの場として多くの学生が利用している施設であった。

キャンパスツアー

学食体験

アンケート記入・挨拶

 

【生徒の感想】

○ 体育の授業を見学し、幼稚園の先生になるためにアンパンマン体操や障害物競走など様々な勉強をしているんだなと感心しました。そして、今回の見学会を参考にして、自分の将来を決めたいと思います。

○ 授業は自分で選べるかわりに全て自己責任なのが大学なのだと教わりました。そして、在学中の学生はみんな自分の夢に向かって頑張っていたので見習いたいと思いました。

○ 秘書実務講座の名刺交換で、胸の高さで渡す・相手より低い位置で渡すなど就職するときに大切なことを学び、実際に使えるようになりました。

○ 保育学の講義を体験し、子どもの教育は難しいと思いました。けんかを止めたり、仲直りさせるのにもすぐに止めたり大人が全て言うのではなく子ども達で判断させることも大事なんだなとわかりました。

 

 


 

2011年11月21日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから