所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

4月15日、3年1・2組の生徒が坂の上の雲ミュージアムに行ってきました。

 

下は4月15日、3年1・2組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年1・2組

今日は5時間目から7時間目まで地域学習で松山を巡りました。初めに視聴覚室でスクリーンを見ながら学習しました。正岡子規や秋山兄弟について学び、早く坂の上の雲ミュージアムへ行きたいと思いました。初めは県庁本館に行きました。昔の公衆電話ボックスがあってすごかったです。次に萬翠荘に行きました。ここには小さいときに行ったことがありました。ヨーロッパ風の建物がきれいでした。次に愚陀仏庵に行き記念撮影もしました。最後に坂の上の雲ミュージアムに行きました。ここは有名だけど初めて行きました。資料もたくさん展示してありました。昔の松山城周辺の地図もありおもしろかったです。昔の様子も再現してあり楽しかったです。1年生のときは道後温泉周辺 を巡り、2年生では松山城に行き、3年生では坂の上の雲ミュージアムに行って、知らなかったことも知識に入れることができました。これからは自分が説明できるようにしたいです。とても勉強になりました。3年間の地域学習は楽しかったです。

坂の上の雲ミュージアムに行ってみて子規のことがよく分かりました。子規と秋山兄弟の関係など自分の知らなかったことを知ることができました。普段入ったことのない県庁本館にも入れました。自分が知らなかったことを知ることができて良かったです。

1年の時は道後温泉、2年のときは松山城に行きましたが、今回は「坂の上の雲ミュージアム」を中心として、県庁本館や萬翠荘、愚蛇仏庵にも行きました。萬翠荘には行ったことがあったけど、県庁本館は初めてでした。レトロ感ただよう雰囲気がしました。萬翠荘や愚蛇仏庵には一度行ったことがあったので見覚えがありました。やっぱり萬翠荘はきれいだと思いました。シャンデリアはすごかったし、バラみたいないい香りが部屋にしていてとても気持ちよかったです。

今日の地域学習では建物についてよく分かりました。私たちが住んでいる愛媛にも昔からの建物や復元された建物などがたくさんあって伝統を引き継いでいてとても素晴らしいと思いました。大街道や松山市駅も昔からあり、風景は変わっているいるけど電車の線路など昔のままの所もありました。「坂の上の雲ミュージアム」では夏目漱石のことがよく分かりました。漱石が書いた原稿があったり、子規が関わった新聞のことなどかありとても驚きました。松山は歴史を感じる町であり、昔のものなどを大切にしていてとても素晴らしく、この町がもっとすきになりました。

県庁本館や坂の上の雲ミュージアムなど普段なかなか行けないところにたくさん行けて良かったです。地域学習で松山の歴史を学ぶのは3回目ですが、回を重ねるごとにどんどん内容が濃くなっていくのでとてもおもしろいです。県庁も昔はあんな形だったん だと分かりました。坂の上の雲ミュージアムではさまざまな資料があり松山の歴史にふれることができました。機会があればまた行ってみたいです。

今回行ったところは私がまだ行ったことがないところだったので興味深かったです。特に「坂の上の雲ミュージアム」では今まで知らなかった松山の歴史に触れることができました。また、多くの資料や展示物を見ることができて良かったです。その他、色々と興味深い所を訪れるひとができて楽しかったです。

去年の坂の上の雲のドラマを見ていたので、今回の坂の上の雲ミュージアムへ行くことはとても楽しみにしていました。その他、萬翠荘や愚陀佛庵にも行ってみて、松山にあることは知っていたけど、どこにあるのか知らなかったので勉強になりました。秋山兄弟の生誕地もあるので行ってみたいと思います。松山から正岡子規や秋山兄弟のよう なすごい人びとが出ているのは誇りにするべきだと思うので、もっと大々的に宣伝してほしいです。坂の上の雲ミュージアムにはまた行きたいです。

松山について3年間学ぶ中で道後温泉や松山城などの文化財や坂の上の雲ミュージアムに行くことができたのは本当に良かったです。松山の高校に行って松山に住んでいても、地域学習で行く機会がなかったら深く学ぶことはできなかったと思います。萬翠荘 もわざわざ皇太子が泊まるときに造ったことはすごいことだと思います。ステンドグラスが一番印象に残りました。ピアノもあったので住み着きたいと思いました。ミュージアムではモールス信号が印象に残りました。このような伝達方法があることに驚きました。愛媛県松山市にこのような伝統・文化があること、そしてそこに住んでいることにこれからも誇りに思いたいです。

 

下は5月20日、3年8組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年8組

 地域学習として「坂の上の雲ミュージアム」に行ったことがとても良かったし、前から行ってみたかったので、とてもいい経験になりました。そして、3年間地域学習で松山のことをよく学んだので、これからも、もっと松山のことを知りたいと思いました。

 初めて「坂の上の雲ミュージアム」に行きました。昔のことがいろいろと分かってよかったです。また、機会があれば行きたいです。歩くのはちょっとしんどかったです。

 県庁本館や万翆荘・愚陀仏庵など初めて見るものがたくさんあって楽しかった。「坂の上の雲ミュージアム」の馬の模型や双六が楽しかった。

 「坂の上の雲ミュージアム」はとても広くて、資料がたくさんあった。馬の模型があって楽しかった。松山もいろんなところに記念碑などがあって、いつも通っていても気づかない歴史を感じた。

 「坂の上の雲ミュージアム」に行けて楽しかった。展示物などを見ていて、小説の「坂の上の雲」を読みたくなった。機会をつくって読んでみたい。 

 

 

下は5月27日、3年9組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年9組

 今回の地域学習では自分たちの住む街「松山」の歴史を深く知ることができました。正岡子規・秋山兄弟の関係を「坂の上の雲ミュージアム」で知ることができました。愛媛県庁本館、萬翠荘や愚陀佛庵を訪れたがどれも歴史を感じる建物で、松山にこのような趣のある建物が残っているとは思わなかった。堀之内や大街道などモダンな環境が出来ていく中、愚陀佛庵などのような古風な建物を残していくのは素晴らしいことだと思います。私は松山をさらに好きになりました。

 秋山兄弟や正岡子規、夏目漱石がどれくらいすごい人なのか知ることができました。「坂の上の雲ミュージアム」では、いろいろな体験や見学をすることができました。昔は今にように電話などないのでモールス信号を使っていました。ひらがなだけでもとてもむずかしく、昔の人はすごいなと感じました。他にも子規が新聞を書いているときの風景や、秋山兄弟の昔のことなど、いろいろ見学することができました。松山にもすごい人たちがいることが分かったので、これからも勉強していきたいです。

 私は、元々松山の人ではないので、今日行ったところは初めての所ばかりでした。県庁本館は普段なかなか行く機会のない所なので、すごく貴重な体験だったと思います。坂の上の雲については、前から興味を持っていたので、「坂の上の雲ミュージアム」に行けるのをずっと楽しみにしていました。いろいろ見てもっと興味がわいてきました。時間があればぜひ読んでみたいです。今日の学習でより松山を知ることができました。

愚陀佛庵で会った観光客に済美高校生は礼儀が正しくていいねとほめられました。これは実話であり真実なのでかなり感動しました。松山の人間として誇れるとてもいい経験になりました。松山のことも今まで以上によくわかりました。今度、大学生になったらまた生きたいと思います。

自分たちが住んでいる松山なのに知らないことが多かった。松山の歴史はとても深いものでした。「松山はいい所だ」と誇りを持てる自信がつきました。「坂の上の雲」を読んでみたいと思いました。

 

 

下は6月10日、3年10組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年10組

 普段はじっくり立ち寄ることがないから、沢山見られて楽しかったけど歩き疲れました。県庁本館には初めて入ってとても歴史のあるものだとは知りませんでした。愚陀佛庵がとても涼しくて木や葉のにおいがしてよかったです。坂の上の雲ミュージアムでは戦争中の松山の様子やそれ以前の文明開化時のことがとてもよく分かって、子規や秋山兄弟という人がどんな活躍をしたかを知ることができて良かったです。

 暑い中を歩いて坂の上の雲ミュージアムへ行ったので疲れました。坂の上の雲ミュージアムは展示にいろいろ工夫がなされていて、ビデオなども分かりやすかった。通路の壁に「坂の上の雲」が掲載されていて、三年くらいかけて新聞に連載されたことを知り驚きました。「坂の上の雲」の世界を見ることができて良かった。

 いつも私が通学するときに通る道に沢山の歴史的なものがあることを知りとても驚きました。伊予鉄の線路は昔と同じ所を通っているものが多い事を知り、現代の人も昔の人も同じものを見ていると思うと不思議な感じがしました。

 今回の地域学習も、坂の上の雲ミュージアムをはじめ愚陀佛庵や堀之内・県庁本館など愛媛・松山ならではの所を巡り体験でき嬉しかったです。今日の地域学習で、松山人としての自覚が高まり、貴重な体験ができました。現代は次々とめまぐるしく変わっていく時代ですが、「温故知新」というように古き良き歴史(子規や漱石、秋山兄弟など)を温めながら理解し、誇りに思いながら忘れず、新しい世界(未来)へ繋げていきたい です。

 今日は高校最後の地域学習でした。バスでなく歩きで疲れたけれど楽しかった。堀之内にかってテニスコートやプールがあったということは想像できませんでした。正岡子規が俳句を書いた愚陀佛庵はとても狭くてビックリした。周囲に木がたくさんあり涼しかった。木の葉から水が蒸発するときに涼しくなるので、クーラーなど使わなくても涼しくて環境にいいなと思った。久しぶりにいろいろ見て歴史ってすごいなと思った。ことばには表せないけど、伝わってきたものがあった。

 今日の地域学習で、秋山兄弟や正岡子規の歴史や関連することが少し分かりました。また、正岡子規と夏目漱石の結びつきの深さや文学への思いというものを学ぶことができました。また、自分が住んでいる三津浜のことも展示に少しあったので親近感が湧いて興味を持つことができました。暑い中疲れたけれど良い体験ができたと思います。

 坂の上の雲ミュージアムはおもしろかった。歩いて疲れたけどみんなで盛り上がったし写真もいっぱい撮り、展示のカラクリ映像はメチャ受けた。愚陀佛庵はキレイやったし涼しかった。自然ていいなと思った。

 今日の地域学習では松山の歴史を知れて自分のためになった。一番気に入った所は愚陀佛庵でひっそりとした雰囲気がいいなと思った。また改めてゆっくりと行きたい。今日学習したことを家族にも話して、ぜひ一緒に来てみたい。正岡子規や秋山兄弟など偉大な人たちが居たという事実を知り、もっと深め、次の世代にも残していきたいと思い ます。

 

下は6月3日、3年4・5組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年4・5組

 今回の地域学習は主に坂の上の雲にゆかりのある人物や場所でした。萬翠荘と愚陀佛庵は数年前に個人で見に行ったことがあったのですが、当時はあまり興味もなく見ていましたが、今回はじっくり見ることができました。また、坂の上の雲ミュージアムは初めてでしたが、登場人物の歴史などを知れて良かったと思います。これをきっかけにドラマ第二期を見たいと思います。

 初めて愛媛県庁本館に行ってロビーを見たときすごく立派できれいだなと思いました。愛媛県人なので県庁本館は見てみたいと思っていたので、この機会に中に入れてよかったです。坂の上の雲ミュージアムに初めて行って、モールス信号の道具を使うのがとても楽しかったです。いろんな展示物があり見れておもしろかったです。また、萬翠荘は本当にすごい建物だなと思いました。おじいちゃんがよく話していたので見てみたかったのですが、すごく現代とは違う空気を感じました。建物一つ一つの作り方がていねいでしっかりしているから、今まで残っているのだなと思いました。普通では行けない所も入ってみれたのですごく良い経験になりました。

 坂の上の雲ミュージアムには、産経新聞に連載された1296回の「坂の上の雲」や、モールス信号などがあってとても興味深く、正岡子規や秋山好古について初めて知ったことも多かったです。愚陀佛庵は松山の中心地にあるとは思えないように静かで風情のある所でしたる歩き回って疲れたけどいい勉強になりました。

  萬翠荘や愚陀佛庵があんなに山の中にあるなんて知らなかった。県庁の中も少しだけだったけど入れてよかった。知事さんに会いたかった。県庁の中は緊張感がただよっていた。坂の上の雲ミュージアムでは正岡子規のことや秋山真之のことについて知ることができた。結構歩いて疲れたけど、良い経験になったと思う。

 3年目の地域学習で明治の松山を学びました。道後温泉や松山城と違って、歴史の教科書で学んだ人物や出来事とも関連していたので分かりやすかったし、日本史の授業がない理系コースにとっては、とても貴重な内容になりました。子規、好古、真之の愛媛を代表する三人、日本の歴史にも大きく貢献した三人は、NHKのスペシャルドラマでも放送されるくらいなのだから本当にすごい人なんだと思います。今回の地域学習を通して、坂の上の雲を全国の人に見てもらいたいと思うし、ぜひ坂の上の雲ミュージアムに来てほしいなと思いました。

 学校から大街道までの範囲内にも、私が今まで知らなかった歴史や物を発見することができました。県庁には一度入ったことがあったけど、床の大理石に化石があることなどは知りませんでした。坂の上の雲ミュージアムは初めて行ったので室内の展示物だけでなく建物の形や室内の造りにも驚きました。

 坂の上の雲ミュージアムではたくさんの資料を見ることができてとてもいい経験になった。自分が知っている多くの人の作品があり、特に武田鉄矢さんの作品が印象に残った。また、萬翠荘でで聞かせていただいた漢字の話も参考になり、地域のことも知っているつもりであまり知らなかったことが分かった。

 

下は6月17日、3年7組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年7組

 今日行った場所はどこも初めてでした。坂の上の雲ミュージアムでは興味深いものもありました。松山が地元ではないですが、同じ愛媛県人として松山のことがよく分かりよかったです。受験などで役に立つことがあれば生かしていきたいです。

 県庁は昔の造ったものがそのまま残り現在も使用されていました。中に入ってみると外から見た感じとは違い造ったときの雰囲気がそのまま残っていました。坂の上の雲ミュージアムは詳しい展示があり、触って体験できる物もあり松山について多く学ぶことができました。松山についての見方が変わりました。

 今日はいろいろと見学に行って、県庁はとてもキレイで、愚陀佛庵はとても涼しい所でした。坂の上の雲ミュージアムは子規や秋山兄弟のことがよく分かりました。また行きたいです。

 県庁に初めて入って古い建物なのでびっくりしました。愚陀佛庵は夏目漱石と正岡子規が一緒に住んでいた時があったと聞いて、愛媛にもこんなすごい所があったんだと驚きました。坂の上の雲ミュージアムは現代風の建物に多くの展示物があり、俳優や作家の作品もあったので感動しました。

 坂の上の雲ミュージアムに初めて行きました。私は放送中のドラマ「坂の上の雲」を見ているので内容が更に良く分かり楽しかったです。愛媛県の有名な人物について知ることは、これから先も役に立ちそうなので忘れないようにしたいです。

 

下は6月24日、3年3・6組の皆さんの様子です。

総合的な学習の時間(地域学習)を終えての感想 3年3・6組

 高校生最後の地域学習を終えて、この三年間で松山市の歴史について多くの事を学び ました。特に愛媛県の有名人である正岡子規は三年間で数多く触れてきました。今ではすっかり都会の雰囲気のある松山市も昔からすっかり変わったところもあれば、変わってなく昔のままの感じが残っている所もありました。いつもは何気なく通り過ぎてしまうような所もちょっと気をつけてみると、こんな所に昔を感じさせる物があったんだと思いました。そして、松山市に住みながら行ったことのなかった萬翠荘や愚陀佛庵なども訪れてみて、とても魅力のあるところだなと感動しました。これからもっと愛媛の魅力を知るために「坂の上の雲」を読んでみたりして関心を深めたいです。

 私はNHKドラマ「坂の上の雲」を見たことがありませんでした。なので、秋山兄弟についても一般的知識程度しか知りませんでしたが、ミュージアムに行くことによって、たくさん知ることができました。40分くらいしか「坂の上の雲ミュージアム」にいられなかったので、テレビなどで見て学びまだ知らない人などに教えてあげたいです。松山にはすばらしいものがあることを改めて知ることができました。

 松山市内に住んでいるけど、今まで行ったことのない所に行けていろいろ知ることができてよかったです。「坂の上の雲ミュージアム」には手書きの文書や昔の部屋を再現したところもありとても興味深かったです。また、萬翠荘や愚陀佛庵は前から行ってみたいところだったので実際に行くことができてよかったし、あの場所だけ現代とは雰囲気が違うと思いました。また、ゆっくり見に行きたいです。

 「坂の上の雲」が有名になっているけどミュージアムには一度も行ったことがなく、建物も写真でしか見たことがありませんでした。実際に行ってみて、建物の様子が奇抜で感動しました。そして展示もいろいろなものを再現してあり分かりやすかったです。街を歩いてみて新たな発見も沢山あったのでためになったと思います。

 松山に住んでいながら詳しく愛媛県庁の建物について知らなかったので、今回はよい機会になりました。県庁の中では大理石にかすかなアンモナイトの化石があり、珍しい物を見たと思います。知事が執務する県庁としては全国で3番目に古い建物だと聞いて驚きました。坂の上の雲ミュージアムにおいては子規のについてよく分かりました。

 本や教科書で学ぶより実際に見た方が理解しやすく、いろいろ考えさせられました。萬翠荘ではその当時の雰囲気がそのまま残されていて、風流深く感じられて良かったです。また、県庁では昔の公衆電話も間近に見ることができたし、大理石の中にアンモナイトの化石を見つけたときは嬉しかったです。愚陀佛庵も緑が多く、ここでもまたいろいろと漱石や子規のことを考えました。

 今回の地域学習では、自分の住んでいる地域だけれども今まで行ったことのない所や初めて見るものが多かったです。あまり気にせず通っていた花園町に子規生誕地の記念碑があり、済美の学校内に澤田・船田両先生の胸像があることも初めて知りました。また、済美高校は歴史のある女子校だということは知っていたけれど、裁縫を主とした学校が合併して済美高校が出来たということを知り、自分の予想以上に奥深いなと思いました。坂の上の雲ミュージアムや愚陀佛庵・萬翠荘は初めて訪れた場所でした。「坂の上の雲」に関する事もほとんど知らなかったけれども、多くの資料が展示されていて細 部にまでこだわって復元された物が多く、驚かされるものばかりでした。

 今回行った県庁本館は、前をよく通っていながら一回も入ったことがなかったのですごく興味がありました。特に入ってすぐの階段がよくテレビなどに出てきそうな感じてよかったです。床のいろんな所にアンモナイトの化石が埋まっていて、友だちと探し会ったりした実際に見て楽しかったです。萬翠荘はすごく豪華な造りだった。坂の上の雲ミュージアムへ行くのは今回で二回目だったが、前に行った時と違って新鮮な気持ちで展示物を見ることができた。何度行っても飽きないと感じた。また一つ、自分たちの街についての知識が増えたのでとても勉強になった。

 


 

2010年04月27日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから