所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

11月13日(金)、防災避難訓練が行われました。

野澤校長の言葉

この本の中に「地震と学校」と題した静岡県のある高等学校の校長先生の手記(体験したことを書き綴ったもの)がありました。今から30年前の伊豆大島近海地震の教訓が書かれたものです。その一部を紹介します。

1月14日、午後0時24分。4時限の終了6分前、左右・上下に激しい震動に見舞われ、立っていることの出来ない状態が20秒ほど続いた。「これは大きい!」私は校長室で机に向かっていたが床に投げ出されてしまった。転がりながらストーブの火を消す。

災害発生と同時に停電したので大声での指令しか下せなかった。先生方の「火を消せ。」「心配ない。」「落ち着いて!」「静かに!」「広場へ!」のように短い指示がよかったと思われる。全員が集合した時点で携帯マイクを使用したが、日頃、何時でも使えるようにしていた先生に感謝した。

生徒の行動も訓練の時とは違って「静かに、慌てず、速やか」であった。とっさに机の下にもぐりこんだ事と共に避難訓練が大いに役立つものと思われる。被害が続出したが生徒、教職員には1名の負傷者もなく無事退避することができた、と書かれています。

貴重な体験談、大いに勉強になります。

 

 


 

2009年11月13日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから