所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

生物の岡智美先生が、平成20年1月31日(木)~2月2日(土)、米国ヒューストンにおいて開催された、「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」(SEEC:Space Exploration Educators Conference)に参加されました。

4月下旬にスペースシャトルに搭乗する星出宇宙飛行士から済美高校の皆さまにとサインを頂きました。
「夢の実現」と書かれています。

*****

この度、JAXA(宇宙航空研究開発機構)からの派遣で、1月31日から2月2日まで米国ヒューストンで開かれた「宇宙を教育に利用するためのワークショップ(Space Exploration Educators Conference:SEEC)」に参加し、発表してきました。会場となるスペースセンターヒューストンはNASAジョンソン宇宙センターの隣にある博物館のような教育施設です。
「宇宙を教育に利用するためのワークショップ(SEEC)」は100を越える宇宙開発を題材とした指導方法・事例についてのセッションと宇宙飛行士による基調講演、NASAの施設見学等から構成されています。JAXAからは毎年日本の教育関係者をこのワークショップに派遣し、研修・意見交換及び情報提供等を行っており、昨年の夏に済美との連携担当者である浅野氏から応募してみては?というお話を頂いて応募致しました。

今年は長崎大学附属中学校と東京都利島小学校の先生と合わせて3名が発表者として選ばれ、事前の研修を経て参加しました。

今回発表した内容は、「ホタルの発光に関する酵素と宇宙開発の関係」についてで、SSPでの活動内容や日頃の授業で行っている実験を宇宙開発と関連づけて発表しました。このような成果が発表できたのも、済美高校で取り組んできたSSP活動と生徒や先生方のご協力があってのことと大変感謝しております。

2月23日(土)に行われる生徒の課題研究発表会「Space science~宇宙・地球・生命~」の際に、少し報告をさせていただければ、と考えております。

(参考サイト)
・JAXA宇宙教育センター
http://edu.jaxa.jp/  ※ブログに米国での様子が出ています。

・宇宙を教育に利用するためのワークショップ(SEEC)について
http://iss.jaxa.jp/education/seec/index.html(日本語)
http://www.spacecenter.org/TeachersSEEC.html(英語)

・選考結果のプレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2007/11/20071115_seec_j.html

・「スペースサイエンス~宇宙・地球・生命~」
http://www.saibi.ac.jp/050bosyuu/tokusyoku/index_tokusyoku.html

・愛媛大学宇宙進化研究センター
http://ccserv.adm.ehime-u.ac.jp/~cosmos/

・JAXA
http://www.jaxa.jp/

・「宇宙を教育に利用するためのワークショップ」
http://edu.jaxa.jp/blog/2008/02/13/post_95.html

 

JSCの看板

2月8日に打ち上げられた
スペースシャトルへのメッセージ

ISS日本実験モジュールきぼう

NBL水中訓練施設

Welcome to Huston

アポロフライトディレクターの席で

これからのスペースシャトルミッションクルー

サターンの前

スペースシャトルミッションコントロール室

セッション

プレゼン中

日本人のセッション

基調講演

訓練中の宇宙飛行士

星出宇宙飛行士と



 

2008年02月18日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから