所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

11月30日(金)、専修大学法科大学院教授 法学博士 武知政芳先生に「法律を学ぶ」について講義をしていただきました。

演題 『法律を学ぶ』


武知政芳 先生(略歴)
京都大学法学部卒 京都大学大学院法学研究科(修士課程)修了 
京都大学大学院法学研究科(博士課程)退学
名城大学助教授、愛媛大学教授、岡山大学教授を経て、現職。
専修大学法科大学院教授、岡山大学名誉教授、今村記念法律事務所弁護士 



【講義内容】

2年生特進文系・国際コース91名を対象とし、専修大学法科大学院より武知政芳先生をお迎えして『法律を学ぶ』というテーマでご講演いただいた。法学部で何を学ぶか、特に民法について日常生活に関係の深い具体的な事例をあげながらお話しいただいた。また、私立・国立・旧帝大の専門科目のカリキュラムや司法試験、就職など卒業後の進路にも及びあっという間の2時間であった。
生徒諸君のモチベーションも高まり、今後の進路選択の上でも非常に勉強、参考となり、有意義な講義であった。

【生徒の感想】

★ 今まで知らなかった用語や言葉、その用語や言葉の意味などを沢山、知ることができました。本当に知らないことを沢山学ぶことができ、私は法学部はあまり調べたことはありませんでしたが、基礎だけでも常識的に知っておければ、色々な面でよいのではないかと思いました。ためになるお話をしていただけたと思います。

 

★ 普段聞けない法律のことを聞けて良かった。テレビ番組などで見る〝法律について″の情報よりも、より詳しく分かりやすく説明していただけてよい講義になったと思う。大学を選ぶ上での大切なこと、入学後のやる勉強や各大学の情報など、たくさんの知識を得ることができた。

 

 

★ 法律というのは、私たちにとって身近なものです。しかし、イメージとしては難しく感じています。それに、法律学といえば、憲法や民法の条文を覚えるものというぐらいの認識でした。社会において、法律が重要視されているということが今回しみじみと感じました。「規範」「権利」「法律行為」「取消権」、聞いたことがあるけれども、どういうことか?と尋ねられると説明できないものばかりでした。ですが、自分なりに理解できたと思います。

 

★ 私は教育学部か法学部に進学したいと思っているので、今回、法学についての講義を受けることができてとても良かったです。まだどちらを選ぶかはっきりと決めていないのでの、この講義を参考に、今後の進路を決めていきたいと思います。どこの学部に進学するとしても、今から高い意識をもって、日々の学習につなげたいです。

★ 今日の講義は、法学ばかりの話ではなくて、法学部に行かない人にとっても有意義な講義でした。大学によって専門科目を学ぶ時期なとが違うと聞いて、やはりしっかりと大学を選ばなければいけないと思いました。

 


 

2007年12月19日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから