所在地確認 所在地確認

 

ホーム

 

平成19年11月15日(木曜日)震災避難訓練が行われました。

授業中に地震発生という想定で行われました。運動場に集合した後は、「起震車」に乗り、実際に近い状態で地震を体験しました。
最初は、乗り物に乗るような感じで起震車に乗り込んだ生徒も、揺れ始めると真剣な表情で体験していました。地震の後には火災が発生する場合もあり、消火器の使用方法を消防署の人から説明を受け、実際に消火器の使用訓練を行いました。消火器の中は消火用の薬品が入っていますが、今回は訓練ということもあり、消火器の中は水が入っていました。

〔消防署からの指導〕
以前は、「ぐらっときたら、まず消火」と言っていましたが、阪神淡路大震災以降は「ぐらっときたら、まず身の安全」となりました。阪神淡路大震災時には地震での倒壊物の下敷きで死亡する人が多かったということや、最近のガスコンロなどは、地震センサーが付いており、地震を感じてガスが自動的に遮断される機器もあることなどから、「ぐらっときたら、まず身の安全」と言うようになったそうです。

〔学校長より〕
2001年3月24日(土曜日)午後3時28分頃、芸予地震がありました。学校は春休み中で補習の生徒がいましたが、今日のように運動場に速やかに避難し、関係交通機関等の情報をもとに無事に下校することができました。その時の学校の様子ですが、学校は非常に窓ガラスが多いので校舎や体育館のガラスが多く割れました。また、校舎の壁面に何箇所か亀裂が入りました。済美館のホールの天井が落下しました。地震は、このように揺れがおさまった後も注意が必要です。

〔総務課長より〕
今日は震災避難訓練の後、消火器の使用方法を説明していただき、何人かの生徒に消火器の使用をしてもらいましたが、もし学校が火災等に見舞われた場合は、生徒は消火活動はしないで速やかに避難してください。

 

 

 

 

2007年11月16日

 

 

 

 
 
 
 
 
 
   
 

 

 

Google
WWW を検索 済美高校ホームページ内

 

 

学校法人済美学園 済美高等学校
〒790-8560
愛媛県松山市湊町7丁目9-1
TEL 089-943-4185 FAX 089-943-3121

  ご質問はこちらから