11月18日金曜日、外来講師による、「お魚料理講習会」が開催されました。
この行事は、松山市魚食普及委員会協会主催で行われているもので、この講習会を実施しているのは、高校の取り組みとしては、本校だけです。済美本校では、毎年この講習会を実施しています。
〔献立〕
■鯛どんぶり  ■鯛のアラ澄まし汁
■鯛の照り焼き フライパン仕様  ■鯛大根サラダ
 
※レシピを知りたい方はこちらから
以下の写真はそのときの様子です。生徒の真剣なまなざしをご覧ください。
講師の先生の説明を聞きながら鯛のさばき方を教えていただいています。鯛は捨てるところの無い魚です。刺し身を取った残りのアラもすまし汁にしていただきました。
説明どおり、頭をおとします。2枚におろす時のちょっとしたコツも教えてくださいました。初めての人が多く、恐る恐る魚に触っていました。
指導を受けながら自分でやってみます。なんとか1人でできるようになりました。
出来上がった料理です。
みんなで試
食講師の先生方と楽しく交流しました。

 
この講習会では、各班に講師が1人ずつ就いてくださり、丁寧な指導が受けられると毎年生徒には好評です。

〔生徒の感想〕
鯛をさばくとき、肝?(緑色のもの)をつぶしてしまいました。やっぱり、経験がないといろいろ失敗してしまうんですね。でも、魚食推進委員会のかたが、しっかりサポートしてくれたので最後までちゃんとできてよかったです。
今日は鯛が丸ごとだったので最初はどうなるのかと心配でしたが、丁寧に教えていいただいてなんとかさばくことができました。また、一番おいしかったのは鯛どんぶりでした。アラで作ったお吸い物も美味でした。
とても勉強になりました。家庭ではしないような、いろいろな料理を作ることができて楽しかったです。

来年は、食物科学コース対象で、この講習会を実施します。魚は大変ヘルシーな食材です。料理のレパートリーをどんどん増やして魚の健康パワーを頂きたいものです。
2005年11月29日 11:53:24