済美高校からも教員3名、生徒37名が参加しました

平成17年11月14日(月)  愛媛新聞掲載



 【参加しての感想】

■特進特技コース 3年 宮内 優也

男子サッカー部に所属していたので、ボランティア活動への参加は今回が初めてでした。ゴミを拾いながら10km歩きました。最初は、そんなにゴミはないと思っていましたが、山を歩くとゴミが多くて驚きました。Pウォークに参加して、街の美化に少しでも役立ててよかったと思います。


■美術科 2年 井上 早智
今回初めて参加しましが、10km完歩することは思ったりよりきつくなく楽しめました。
 ゴミを拾いながら歩いたのですが、袋にゴミがたまるのを見て、これだけ街がきれいになったんだなと思うと気持ち良くなりました。これからも、どんどんボランティア活動に参加していきたいと思いました。


■福祉コース 2年 渡部 恭子 家庭クラブ役員

Pウォークへの参加は、1年生の時から今回で3回目となりました。ゴミを拾いながら山道を10km歩くことは、とてもしんどいけれど、完歩する喜びがあります。私は、
Pウォークに参加するようになり、ボランティア活動について考えることが増えました。より多くの人がボランティア活動に目を向け、参加してくれるように今後も呼びかけていきたいです。


  また、寄付金も5,017円しました。


いざ、出発!
前列中央 美術科3年 天崎葵衣
多数参加団体代表者あいさつ
家庭クラブ会長 仲島佳那
(福祉コース3年)


2005年11月18日 15:22