■平成17年度秋季大会四国地区高等学校野球県大会 決勝

TEAM 10 R H E
 済  美      
 今治北      

西条ひうち球場 於 12:30〜
 平成17年度秋季大会四国地区高等学校野球県大会優勝!
創部4年  四国大会3年連続出場

”夢叶うまで挑戦”
3回豊田相手のエラーで出塁 木田レフト方向へヒット 長谷川ヒットで1アウト満塁のチャンス
〔3回の攻撃〕
先頭豊田が出塁、久保田ショートゴロでセカンド豊田がアウト。木田がヒットで出塁。セカンド走者久保田から高市に交代。長谷川出塁。渋谷のヒットで高市がホームへ。1塁渋谷・2塁長谷川・3塁木田。瀧口がインフィールドフライにたおれ2アウト後、澤良木の2塁打でこの回合計4点を取る。


いつもながらの1イニング集中攻撃でまとめて得点を取ることができました。
渋谷は3遊間を抜くヒットでまず1点 澤良木インコースのスライダー?をレフト方向へ走者一掃の2塁打で3点
6回瀧口デッドボール、これは痛い! ライトもよく追いつきました スタンドもお客さんが多くなってきました
7回澤良木に代わり渋谷がピッチャーへ 日高に代わった広瀬もヒット 志水のヒットで3塁澤良木がホームイン
 今大会、上浮穴0-9済美(4回5点)・伊予2-12済美(1回7点)・済美7-3西条(7回3点)・済美7-0聖陵・新居浜東3-9済美(5回5点)・済美6-4今治北(3回4点)と1イニング集中打で得点を取る試合が多かったように思います。しかし、これは今年の夏の愛媛県大会でも同じでした。 しかし、今までと違うのは、最高学年の選手主体のチームだったのに比べ、今回は1・2年生のバランスがうまくとれたチームですから、新チームになったらどうなるの?などという不安はありません。これは伝説から伝統へ変わるための第一歩ではないでしょうか。
 あと1本ヒットを打たれていたら・・・どうなっていたかわからない試合が続きました。相手からすると勝てそうで勝てない。こちらからすれば、負けそうで負けない。これも済美野球の魅力のひとつ?なのかも知れません。


 毎回松山市内はもとより遠隔地から駆けつけ、選手達のお世話や応援をしてくださる多くの保護者の方々、ありがとうございます。学年の隔たりがなく、みんなが快く協力し合える素敵な保護者会だと思います。これからも今まで通り暖かい雰囲気で生徒達を応援しましょう。今度は四国大会でお会いしましょう!

引退した3年生も応援に駆けつけました。
2005/10/09