■平成17年度秋季大会四国地区高等学校野球県大会予選

TEAM 10
上浮穴      
済 美 ×       11

 夏の甲子園が終わり、新チームとしての「夢叶うまで挑戦」が始まりました。その手始めとして今日は初の公式戦です。見ているほうも、今度はどのようなチームなのか?期待と少々の不安の中、試合が始まりました。3回終了するまでタイミングも合わず、思うようなバッティングもできずノーヒットでした。しかし、「一度当り出したら止まらない!」という伝統は確かに受け継がれていました。4回裏の攻撃、澤良木の四球後、滝口のラッキーヒット、志水、日高、豊田、中村の連続長短打で一挙5点を挙げ、試合のペースをつかみました。
 新チームですから、まだまだ課題が多いのは当然ですが、時間と経験を重ね一つ一つ課題を克服し頑張ってほしいものです。野村克也さんの言葉に「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」というのがありますが、済美野球は不思議の勝ちの中に、周囲を魅了する何かがあると思っています。これからも応援よろしくお願いします。


 澤良木が先発

 長谷川は1番バッターです
 引退した3年生と、3年生の保護者も、新チームの初舞台を応援しました!
2005/09/17