■第87回全国高校野球選手権大会 1回戦 対 旭川工業
 
TEAM
旭川工
済美 ×


 ■ 第1試合 定刻8:30いよいよプレイボールです。

 ■ 1塁アルプススタンドも、ほぼ満員でした。

 ■ 1回表、旭川工の攻撃はものの4分ほどで3アウトでした。

 ■ 1回から積極的に打ちにいきます。

 ■ 谷本が自慢の俊足で走る!

 ■ 長谷川も負けじと走る!

 ■ 長谷川君しぶといバッティング
 ■ 藤田君も精一杯のプレーです。

 ■ 今年甲子園で初めての学園歌です。
 今日の甲子園は午前中薄曇りで、今の時期にしては時折吹いてくる浜風が心地よい・・・しかしやはり暑い!
 1回表の旭川工業の攻撃は数分で終了。1回裏の済美の攻撃は長短打の連打で一挙5得点を挙げた。このままでいけば9回終了までに、いったい何点入るのだろうか?と思わす攻撃でした。ところが徐々に相手ピッチャーも自分のペースを取り戻し、すばらしいピッチングで、5・6・7回はいずれも3者凡退に打ち取られてしまいました。5点もリードしているチームとは思えない試合の流れでした。8回に澤良木くんの2塁打をきっかけに長谷川君の犠牲フライで澤良木がベースを踏んで大切な時に大切な1点を取り、後は福井君をリリーフした藤村君が最後のバッターを見逃しの三振に取りゲームセット。
 勝って文句を言うわけではありませんが、何となく消化不良のゲームでした。しかし、甲子園での試合経験は練習の何倍もうまくなります。今日の試合でまた一つステップアップしたということで、次の試合も頑張ってほしいものです。
 選手達が甲子園での滞在中、練習時のお茶の準備やその他、色々とお世話をしていただいている関西方面の保護者の方々、ありがとうございます。暑い日が続いている中で、選手達には万全の体調で試合に臨んでもらいたいと思っています。表面には出ない手伝いの部員や保護者の方々に感謝します。次の試合も頑張って応援しましょう!
2005/08/09

平成17年8月10日 愛媛新聞掲載より




2005/08/10