■愛媛県大会準決勝 対 新田高校
 
TEAM H E
新田  
済美 × 12   
○三塁打 高市
○二塁打 藤田 長谷川2 福井
○犠打 長谷川
試合時間 2時間25分

   

 

 ■ まずは1点
 ■ 藤村君の力投

 ■ 山田君、藤長君の息の合ったプレー
 ■ 藤長君、セカンドは渡せない

 ■ 谷本君、ファールエリアでも必死でダイビング!
 ■ 谷本君も負けじとダイビング!

 今日は女子応援団長が音頭を取りました。
 ピッチャー福井君は5回無死1・2塁で藤村君にバトンタッチ。藤村君は、落ち着いた投球でピンチを切り抜け、継投策成功です。外野手、高市君・谷本君の地味なファインプレーもありました。
 野球は打撃と守備と、1人二役のプレーです。守るだけでも、打つだけでも勝つことは出来ません。ピッチャーを助け、打てないときには守りで、守りのミスは打撃で補い、ピンチには応援に励まされ、全員野球とはプレーヤーとスタンドを含めたものだということを、改めて感じた試合でした。
 まずは1勝から始まって、ここまできました。
「明日は2度あることは3度ある。」で終わるのか「3度目の正直」となるのか。応援も選手達も、勝負です。

 ■ 今大会初めて、坊ちゃんスタジアムで学園歌が流れました。
2005/07/26