〔はじめに〕
 済美高校は野球部の新設にあたって、学校がかかげる三つのスローガン「進学の済美」「スポーツの済美」「個性を伸ばす済美」にすべてをクリアできるように、普通科特進特技コースを男女共学のスタートの段階で設けました。
 そのため、このコースに所属する生徒は、運動部であるという共通性以外、学習活動においても寮生活においても特別扱いをすることは一切していません。女子高校時代より活動している部は全国大会に出場することが部の使命になっています。学校内においては○○部の生徒という感覚で生徒を扱うことはなく、これが全ての教員の共通認識にもなっています。また生徒も自分達は運動部だからという甘えはありません。
 全国には4,137校の野球部があります。済美高校は、他の野球部と違ったスタイルで部員の育成につとめています。これからも”生徒のために何をしてやれるか”
 厳しさの中にも優しさをもって、日々努力していきます。
済美学園創立百周年式典
佐々木寅義理事長は、式辞の中で「済美高等学校も新世紀の私学として、平成14年度より、男子生徒を入学させることにいたします。」と話された。
愛媛県県民文化会館メインホールで3,000名が集い『済美二世紀』に向かって新たな決意を誓った
済美球技場建設地
松山市中野町に23,367平方メートルの土地を購入。桜満開の頃。
済美野球の原点はここから始まりました。