普通科 1~3年生


美術科

一人ひとりの未知なる才能を育てることのできる愛媛県で唯一の美術科です!

一般的な角丸イメージ
済美展(卒業制作展)に向けて50号の大作を制作する日本画の授業 (授業者:向井 友貴美)
創造することの楽しさを感じよう!

1年時に美術全般の基礎を学びます。2年時より一人ひとりの個性や進路に応じた専門分野で作品制作に励みながら、豊かな感性と生きる力を身につけます。同じ志を持つ仲間と共に美術の世界を探求することで、自立心が高まり、3年時には国公立大学・有名私立大学などへの合格が見えてきます。また、指定校推薦入試で受験できる大学も増え、進路の幅も年々広がっています。美術を通して新しいことに挑戦し、表現の喜びと楽しさを一緒に味わいましょう。し、表現することの喜びを一緒に味わいましょう。

週当たりの各教科・科目の授業時間表

美術科では、3カ年計画で美術の力を育てます。


時間割表

美術系大学(国公立・難関私立)志望者

時間割表

私立大学・短期大学・専門学校・就職志望者

時間割表
 
美術科の特徴

実技学習

1年時では、美術全般の基礎を学びます。2年時より個性と進路に応じた専門分野(日本画・洋画・デザイン)を専攻し、2年間、様々な作品を制作します。一人ひとりの適性に応じた進路目標や学習計画を立て、より確実に希望進路を実現させていきます


理論学習

西洋美術史・日本美術史・美術概論を学び、美術学習に必要な様々な色彩学の知識や教養を身につけます。多くの芸術家の業績を研究しながら感性を磨くと共に表現を科学し、実技に必要な目と分析力・表現力を学びます。


行 事

写生会・美術館での作品鑑賞・ワークショップなど、美術科独自の特別な行事がたくさんあります。特に美術史校外教室(徳島県の大塚国際美術館・岡山県の大原美術館)では、多くの素晴らしい名作を鑑賞することができ、大変充実した内容となっています。


実績

第68回秋季愛媛県展【入賞・入選総数68名】

一般の人も数多く出品する県展で、美術科の生徒が大勢入賞・入選しました。
日本画部門 【愛媛県美術会大賞1名・推奨1名・入選22名】
洋画部門 【特選1名・入選20名】
デザイン部門 【特選2名・入選20名】
彫刻部門 【入選1名】


第64回全日本学生美術展
・佳作3名・入選4名


第21回高校生国際美術展
・佳作3名 ・入選5名


第31回読書感想画中央コンクール高等学校の部愛媛県審査
・最優秀1名・優秀3名・優良4名


第31回全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演ポスター
・優秀賞1名・優良賞4名・特別賞 済美高等学校


第34回愛媛県高等学校総合文化祭リーフレット原画
・最優秀1名・優秀4名


第43回全国高等学校総合文化祭2019さが総文 美術・工芸部門
・文化連盟賞1名


令和元年度県民総合文化祭プログラム表紙原画デザイン
・佳作1名


第55回愛媛広告デザイン賞 ヤング・クリエーター大賞
・佳作2名


令和2年度ウォームビズ四国キャンペーンポスターコンクール
佳作1名


一般的な角丸イメージ
講評会で作品の制作意図を説明する洋画の授業(授業者:横山 明美)
一般的な角丸イメージ
コンクールに向けて制作をするデザインの授業(授業者:安田 みえ)
一般的な角丸イメージ
コンピュータのプロ仕様のソフト、「イラストレーター」「フォトショップ」を使って デザインをする情報メディアデザインの授業(授業者:佐野 勝久/永田 千晶)
感性を磨く様々な活動

一般的な角丸イメージ
美術史校外教室
〔大塚国際美術館:徳島県〕〕
一般的な角丸イメージ
彫刻集中講義
彫刻担当 小田 久義先生
一般的な角丸イメージ
キャリア教育講座
「絵を描く筆の話と製作実習」
清晨堂 阿部 悠季先生
一般的な角丸イメージ
済美幼稚園での共同制作
園児と一緒に大作に挑戦します。
一般的な角丸イメージ
写生会 面河渓の清々しい空気、
太陽の光、 風を感じながらの写生
一般的な角丸イメージ
道後オンセナート2019・2020
秘密 ジャナイ基地プロジェクト
日比野克彦・ライブペインティング参加
教員から一言

自分だけの形探し
粘土遊びの記憶、覚えていますか? なんともいえない手触りと無心になった経験からもわかるように、彫刻は触覚の芸術です。触って面や奥行きを感じ、素材の違いでイメージを変えてみたり、そして時間をかけて自分独自の「かたち」を創造します。そんな出会いの魅力をぜひ味わってほしいと思います。
彫刻担当:小田 久義

夢を追いかけて

Card image cap
刺激にあふれた日々

済美高校美術科では、毎日の制作活動、写生会、キャリア教育講座など、美意識を高められる機会が多く刺激に溢れています。初めて使う画材も多く、楽しみながら制作しています。また、毎日デッサンを継続することで表現力向上を目指しています。美術が好きな仲間や先輩方の作品を間近で鑑賞することができ、制作意欲がさらに高まります。

Card image cap
充実した環境での制作

私は今、誰もが持つ「憧れ」をテーマに作品制作に取り組んでいます。動きや流れを感じる構成と、心が軽くなるような色彩で私なりの世界観を伝えたいと思い、試行錯誤しています。大作に取り組んでみて、デッサンや色彩構成など基礎の積み重ねが大切だと気づくことができました。この充実した環境で、美術系大学合格を目指し、日々精進していきたいと思います。

Card image cap
自己を見つめる

私は、「自己を見つめる」というテーマで自画像を連作する中で、深みのある自分らしい色彩に出会い、やりがいを感じています。そして悩みに直面したとき、自分を支えてくださる美術科の先生方や仲間の存在がとても大きいことに気づきました。同じ美を追究する観点で講評を頂くことは、新たな発見や気づきにつながり、日々感性を高めることができます。

進路実績 平成30年〜令和2年実績
進路実績
日本画  日本画を専攻できる高校は、全国でも僅かしかありません。

日本画って何だろう?
水墨画や掛軸などを思い浮かべるかもしれませんね。済美では、岩絵の具や箔などの伝統的な画材を使って、基礎から日本画表現を学ぶことができます。現代を生きるみなさんの瑞々しい感性を活かして、新しい日本画表現を一緒に探してみませんか。
日本画担当:向井 友貴美

一般的な角丸イメージ
「華に舞う」
平田 桃子 北伊予中学校出身
第68回秋季愛媛県展日本画部門【推奨】
一般的な角丸イメージ
「憩いのひととき」
段ノ上 翔太 雄新中学校出身
第68回秋季愛媛県展日本画部門【美術会大賞】
一般的な角丸イメージ
「絆」
矢野 月穂 川東中学校出身
第68回秋季愛媛県展日本画部門【入選】
洋 画 

油彩は光沢のある鮮やかな色彩が特徴です。さらに、絵の具の厚薄や透明・不透明性等による幅広い表現が可能です。画材の使用法や題材の捉え方を基礎から学び、面白さを実感してください。美術を通して自身を含めた世界と向き合い、力強く生き生きと創造していきましょう。
洋画担当: 横山 明美

一般的な角丸イメージ
「 熟考 」
松下 雄宇 川内中学校出身
第68回秋季愛媛県展洋画部門【特選】
一般的な角丸イメージ
「 ありか 」
谷本 莉果子 港南中学校出身
第64回全日本学生美術展【佳作】
一般的な角丸イメージ
「Step up!!」
稲田 愛華 大洲南中学校出身
第20回高校生国際美術展【優秀賞】
デザイン

済美では、イラストやコピーを通して何かを伝えようとするとき、「人に優しく」を基本にしています。見る人にとってわかりやすく心地よい表現を、自分らしい美意識の中に創り出すことは、とても楽しくやりがいがあります。一緒にチャレンジしましょう。
デザイン担当:安田 みえ

一般的な角丸イメージ
「ココロモヨウ」
河井 ひまわり 宇和中学校出身
第68回秋季愛媛県展デザイン部門【特選】
一般的な角丸イメージ
「挽歌」
樋口 歩花 余土中学校出身
第68回秋季愛媛県展デザイン部門【特選】
一般的な角丸イメージ
「雲外蒼天」
玉田 雪乃 津田中学校出身
第68回秋季愛媛県展デザイン部門【推奨】
学園歌 
進路状況