一般的な角丸イメージ
コンクールに向けて制作をするデザインの授業(授業者:安田 みえ)
創造することの楽しさを感じよう!
美術全般の基礎から、一人ひとりの個性や進路に応じた専門分野での美術制作により、豊かな感性と生きる力が身につきます。美術の世界を探究し、大いに楽しむことで、自立心が高まり、3年時には国公立大学・有名私立大学などへの進学や就職の希望進路が見えてきます。大学進学においては指定校推薦で受験できる大学が年々増えてきており、進学の幅が広がっています。美術を通して新しいことに挑戦し、表現することの喜びを一緒に味わいましょう。
週当たりの各教科・科目の授業時間表


時間割表
 
美術科の特徴

実技学習

1年時では、美術全般の基礎を学びます。2年時より個性と進路に応じた専門分野(日本画・洋画・デザイン)を専攻し、2年間、様々な作品を制作します。一人ひとりの適性に応じた進路目標や学習計画を立て、より確実に希望進路を実現させていきます。

理論学習

西洋美術史・日本美術史・美術概論を学び、美術学習に必要な様々な知識・教養を身につけます。多くの芸術家の業績を研究しながら感性を磨き、実技に必要な目と分析力・表現力を学びます。

行 事

写生会・美術館での作品鑑賞・ワークショップなど、美術科独自の特別な行事がたくさんあります。特に美術史校外教室(徳島県の大塚国際美術館・岡山県の大原美術館)では、多くの素晴らしい名作を鑑賞することができ、大変充実した内容となっています。

一般的な角丸イメージ
コンピュータのプロ仕様のソフト、「イラストレーター」「フォトショップ」を使って デザインをする情報メディアデザインの授業(授業者:佐野 勝久)
実績

第67回秋季愛媛県展【入賞・入選総数53名】

一般の人も数多く出品する県展で、美術科の生徒が大勢入賞・入選しました。
日本画部門 【愛媛県美術会大賞1名・推奨1名・入選18名】
洋画部門 【特選1名・推奨1名・入選14名】
デザイン部門 【特選1名・入選16名】


第68回学展
・賞候補入選1名 ・入選3名


第63回全日本学生美術展
・佳作3名 ・入選5名


第20回高校生国際美術展
・優秀賞1名 ・秀作賞1名 ・奨励賞2名 ・佳作3名


第30回読書感想画中央コンクール高等学校の部愛媛県審査
・優秀2名 ・優良12名


第30回全国高等学校総合文化祭優秀校公演ポスター
・優良賞1名 ・特別賞 済美高等学校


第33回愛媛県高等学校総合文化祭リーフレット原画
・最優秀1名 ・優秀4名


第32回愛媛県高等学校総合文化祭 美術・工芸部門
・優秀賞1名 ・奨励賞1名


第62回全国学芸サイエンスコンクール
・旺文社赤尾好夫記念賞(銀賞)1名


第25回全国「かまぼこ板の絵」展覧会
・中・高生大賞1名 ・審査員特別賞1名 ・優良賞2名


平成31年度ウォームビズ四国キャンペーンポスターコンクール
・最優秀賞1名 ・佳作1名

一般的な角丸イメージ
済美展(卒業制作展)に向けて50号の大作を制作する日本画の授業 (授業者:向井 友貴美/平岡 直久)
一般的な角丸イメージ
講評会で作品の制作意図を説明する洋画の授業(授業者:横山 明美/窪田 由美子)
感性を磨く様々な活動

一般的な角丸イメージ
美術史校外教室
〔大原美術館:岡山県〕
一般的な角丸イメージ
立体造形集中講義
彫刻家 笠井 利彦先生
一般的な角丸イメージ
キャリア教育講座「絵を描く筆の話と製作実習」 清晨堂 阿部 悠季先生
一般的な角丸イメージ
済美幼稚園での共同制作
園児と一緒に大作に挑戦します。
一般的な角丸イメージ
写生会 面河渓の清々しい空気、
太陽の光、 風を感じながらの写生
一般的な角丸イメージ
キャリア教育講座「リボーン・アートボール~筑波大学発 「スポーツ芸術表現学』への招待~」筑波大学教授 太田 圭先生
教員から一言

自分だけの形探し
粘土遊びの記憶、覚えていますか? なんともいえない手触りと無心になった経験からもわかるように、彫刻は触覚の芸術です。触って面や奥行きを感じ、素材の違いでイメージを変えてみたり、そして時間をかけて自分独自の「かたち」を創造します。そんな出会いの魅力をぜひ味わってほしいと思います。彫刻担当:小田 久義

夢を追いかけて

Card image cap
常に成長できる嬉しさ

済美高校美術科では、同じ志を持つ仲間たちと共に、新しいことへ挑戦できる機会が多くあります。それは、日々の制作活動や写生会、キャリア教育講座など、他では体験できないものばかりです。私は美術系大学に進学したいと思い、今治から電車で70分かけて通学しています。美術を学ぶ毎日は、喜びに満ちあふれていて、その気持ちを目一杯作品につぎ込んで制作活動に励んでいきます。

Card image cap
みんな輝ける

私は、デザイン制作で「こうだったらいいのにな…」という想いを描いています。それがうまく人に伝わると、やりがいを感じ、自信となります。現在は、「人は広い世界の中で、一人ひとり様々な場面で輝くことができる。」というテーマで描いています。じっくりと創意工夫を重ねて完成させることを念頭に置き、秋季愛媛県展への出品を目指しています。

Card image cap
美術科で過ごす中で

命あるものたちの密接な繋がりの中にある、心温まる様子を表現のテーマとして制作に励んでいます。制作は思うようにいかず苦しい時もありますが、日々の積み重ねにより、色使いなどを工夫して画面の空間を表現できるようになりました。試行錯誤した時間の分、画面が応えてくれる実感を得ることができ、とても充実しています。

進路実績 平成29年〜31年実績
進路実績
日本画  日本画を専攻できる高校は、全国でもわずかです。

日本画と聞くとどのような作品を思い浮かべますか。 墨で描く? 浮世絵? 伝統的な表現技法を取り入れながら、現代に生きる皆さんの瑞々しい感性を活かして、新しい日本画を一緒に模索していきましょう。
日本画担当:向井 友貴美

一般的な角丸イメージ
「雪ぐ」
児玉 華 松柏中学校出身
第67回秋季愛媛県展日本画部門【入選】
第32回愛媛県高等学校総合文化祭美術・工芸部門【優秀賞】
一般的な角丸イメージ
「ここではないどこかへ」
松田 風薫 道後中学校出身
第67回秋季愛媛県展日本画部門【美術会大賞】
一般的な角丸イメージ
「ひだまり」
矢野 月穂 川東中学校出身
第19回高校生国際美術展【奨励賞】
洋 画 

油彩は光沢のある鮮やかな色彩が特徴です。さらに、絵の具の厚薄や透明・不透明性等による幅広い表現が可能です。画材の使用法や題材の捉え方を基礎から学び、「描きたい」という衝動を大切に、個性溢れる想いや感動を美しい色や形にしていきましょう。
洋画担当: 横山 明美

一般的な角丸イメージ
「 映 」
川本 天音 双海中学校出身
第63回全日本学生美術展【佳作】
一般的な角丸イメージ
「 …。 」
横山 祐文 道後中学校出身
第67回秋季愛媛県展洋画部門【特選】
一般的な角丸イメージ
「武装の女神」
川村 照乃 大洲北中学校出身
第67回秋季愛媛県展洋画部門【推奨】
デザイン

デザインは、生活を豊かにするモノ!? 済美では、「視る・知る・想う」を描くことで、デザインの世界を旅しています。誠実な眼差しでの探究、新たなことへの挑戦など、楽しい創造活動が生み出す作品は、自分らしく輝きながら、人に優しく語りかけます。
デザイン担当:安田 みえ

一般的な角丸イメージ
「Individuality」
藤田 波輝 岩城中学校出身
第67回秋季愛媛県展デザイン部門【特選】
一般的な角丸イメージ
「17歳の宇宙」
樋口 歩花 余土中学校出身
第67回秋季愛媛県展デザイン部門【入選】
第32回愛媛県高等学校総合文化祭美術・工芸部門【奨励賞】
一般的な角丸イメージ
「Take a step」
土居 早記 保内中学校出身
第19回高校生国際美術展【佳作】
学園歌 
進路状況